浄化槽工事業の登録・届出

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

昨日、今日と暑い日が続き、夏服に戻しましたが、

一転、明日からは気温が下がり雨も続くようです。

 

寒さは仕方ないですが、来週も外勤予定が多く入っていますので、雨は続かないでほしい。。

 


-----------------------------------------------------------
       ≪ 浄化槽工事業の登録・届出 
-----------------------------------------------------------

 

 

浄化槽の設置や構造・規模の変更工事を行うには「浄化槽工事業の登録・届出」が必要です。

 

浄化槽工事を受注、施工する前に受けておかなければなりません。

 

建設業許可があっても届出が必要となります。

 

 

■登録

浄化槽工事業を営もうとする者

有効期間は5年間

 

■届出(特定浄化槽工事業者と呼びます)

浄化槽工事業を営もうとする者で、土木・建築・管工事業のいずれかの許可を受けている者

有効期間は、建設業許可を有している間

 

 

実際に工事を行おうとする区域を管轄する都道府県ごとに登録・届出が必要となりますので注意してください。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 18:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
再下請負通知書の内容

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

このところ細かな字を見ていることが多く、目がちかちかしていたので、

 

目の保養にこちらの動画を見ました。

 

本年度の行政書士ポスターになっている真野恵里菜さんです。

 


-----------------------------------------------------------
      ≪ 再下請負通知書の内容 
-----------------------------------------------------------

 

施工体制台帳の作成が義務付けされた建設工事の下請負人は、元請負人(特定建設業者)に対し、再下請負通知書を提出しなければなりません。

 

再下請負通知書の内容は次の6点です。

 

1.自社に関する事項

2.自社が注文者と締結した建設工事の請負契約に関する事項

3.自社が下請契約を締結した再下請負人に関する事項

4.自社が再下請負人と締結した建設工事の請負契約に関する事項

5.社会保険の加入状況

6.外国人建設就労者の従事の状況

 

※3,4 添付書類(請負契約書写し)に記載されている事項は、再下請負通知書への記載が省略可能です。

 

 

ここでも社会保険加入の項目が入っています。

 

施工体制台帳、経審の評価など未加入者包囲網が着々と張られていますね。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 19:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
請負契約に関する誠実性とは?

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

先週末は、親戚の子が留学するとのことで、お祝い?の品を買いに行きました。

 

日本の高校には行かず、海外の高校へ行くと自ら決断したとのこと。

 

ときが経つのは早いなぁ...

 

ついこの間まで抱っこしていたのに...

 

少し歳を感じました(;^_^A

 


-----------------------------------------------------------
     ≪ 請負契約に関する誠実性とは? 
-----------------------------------------------------------

 

 

代表者、役員、令3条の使用人が請負契約に関して、

 

不正または不誠実な行為をするおそれが明らかな者でないことをいいます。

 

 

不正行為とは、詐欺、脅迫、横領等の法律に違反する行為を指し、

 

不誠実な行為とは、工事内容、工期などに関する請負契約に違反する行為をいいます。

 

 

また、役員等のうちに暴力団がいる場合にもこの基準を満たさないものとして扱われます。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業許可 | 18:34 | comments(0) | trackbacks(0) |