役員に関するご相談

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

今月末期限の届出が結構あるため、今週、来週はバタバタが続きます。

 

来月以降は、夏の繁忙期へ突入し、

 

今秋から今冬にかけては、入札参加資格申請があるため、

 

息つく暇もない...というのはちょっと大げさですが、

 

今年もあっという間に年末...となりそうです💦

 

 

さて、今月は、3月決算の総会が多いせいか、役員に関するご相談を多くいただきます。

 

建設業で役員というと、たいていは経営業務管理責任者の件となります。

 

経営業務管理責任者としての経験等を有する役員に、執行役員等が追加され、皆さんの関心がグンと高まりました。

 

 

では実際に、執行役員等の経験等が認められているのかというと、

 

そう簡単ではありません。

 

確かに一部、前向きに認めてくれる都道府県もありますが、端から認めないという考えのところもあります。

 

その代表例が、東京都です。

 

 

その辺りの実情を切々とご説明しています。

 

よって、このために短絡的に執行役員制度を導入することはお勧めしません。

 

もっと戦略的に考えていく必要があります。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 経営業務管理責任者 | 18:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
経営事項審査の再審査 7/27まで

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

国土交通省では、建設業の重層下請構造の改善を検討するそうです。

 

下請業者の配置技術者要件の緩和も含め、今後も注視していきたいところです。

 


-----------------------------------------------------------
         ≪  経営事項審査の再審査 7/27まで ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

平成30年4月1日審査基準改正による経営事項審査の再審査期限が、近くなってきましたので再度ご案内です。

 

再審査の受付期間は、7月27日までです。

 

再審査後は、新しい評定値での結果通知書が送付されます。

 

 

再審査を受ける基準は、発注官公庁により決まります。

 

発注官公庁から「再審査後の結果通知書は適用しません」と言われれば、受けても意味がありません。

 

よって、入札資格のある官公庁に「適用あり」の確認した後、受審を決めてください。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 経営事項審査 | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
建築士定期講習

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

昨日、東京は梅雨入りしました。

 

雨が続くと、「晴天」というのは素晴らしいですね。

気分が違います。

 

水色(空色)って、良い色だなぁと感じる最近です。

 


-----------------------------------------------------------
             ≪  建築士定期講習  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

建築士事務所の年次業務報告を作成しているときに、

所属建築士の方の定期講習日を確認します。

 

中には、受講していなかったり、期限が過ぎていたり

というのを見掛けることがあります。

 

そこで、建築士の定期講習について簡単にまとめておきます。

 

・定期講習は、3年度ごとに受講しなければなりません。

 

・受講期限内に受講しない場合は、戒告または2か月間の業務停止処分の対象となります。

 

・構造・設備設計一級建築士は、構造設計一級建築士定期講習、設備設計一級建築士定期講習を3年度ごとに受講しなければなりません。

 

・受講義務があるのは、建築士事務所の所属建築士です。

構造・設備設計一級建築士は、建築士事務所所属の有無に関わらずに受講義務があります。

 

・登録講習機関一覧http://www.mlit.go.jp/common/000166907.pdf

 

・考査修了者に定期講習修了証が交付されます。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) |