専門技術者の配置

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

9月中旬になり、涼しさを感じるようになりました。

 

寒暖の差により体調を崩すことがないように注意したいですね。

 

うちの子たちも、今朝は鼻ぐしゅっていました...😢

 


-----------------------------------------------------------
        ≪  専門技術者の配置  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

あまりご相談を受ける内容ではないのですが、専門技術者について簡単にまとめます。

 

 

土木一式工事や建築一式工事に含まれる専門工事は、その専門工事に係る主任技術者と同程度の技術者に管理をさせなければなりません。

 

例えば、建築一式工事を請負い、その中に電気工事が含まれていた場合、建築一式工事に係る監理技術者や主任技術者を配置することは当然ですが、

 

専門工事である電気工事に対しても専門技術者を置かなければなりません。

 

 

でも、電気工事の許可も無いし、資格者もいない場合は...

 

 

専門技術者を置くことができない場合は、その工事に係る許可業者と下請契約する必要があります。

 

ただし、500万円未満の軽微な工事である場合は、専門技術者の配置は義務ではありません。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------

建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 技術者 | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
国交省の下請債権保全支援事業

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

2020年度から建設業許可、経審申請を電子化するようです。

 

過去にもそのような話はありましたが、今回は実現するでしょうか。

 


-----------------------------------------------------------
     ≪  国交省の下請債権保全支援事業  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

取引先が倒産して、工事の支払いを受けられなかった。。

 

そのような場合に、下請業者が元請業者に対して有する債権について、

 

ファクタリング会社が支払保証を行うことにより、確実に工事代金の支払を受けることができます。

 

一定の要件はありますが、悩んでいる方には一度ご相談をおすすめします。

 

詳細は下記をご覧ください。

 

国土交通省の下請債権保全支援事業

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------

建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | その他 | 17:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
改正建設業法の施行期日

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

今日は8時半に、区役所の戸籍課へ、

証明書を取得代行してきました。

 

すると、発行を待つ間に、次々とカップルがやってきて、

あー今日は大安なんだなと思いました。

 

出勤前に婚姻届を出す方結構多いんですね〜^^

 


-----------------------------------------------------------
        ≪  改正建設業法の施行期日  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

改正建設業法の施行期日が決まりました。

 

主な事項(令和2年10月1日施行)を取り上げてみます。

 

■工事現場の技術者に関する規制の合理化

 

・元請の監理技術者に関し、これを補佐する制度を創設し、技士補がいる場合は複数現場の兼任を容認。

※技士補の資格創設は、令和3年4月1日施行。

 

・下請の主任技術者に関し、一定未満の工事金額等の要件を満たす場合は設置を不要化。

 

 

■現場の処遇改善

 

・建設業許可の基準を見直し、社会保険への加入を要件化。

 

 

■持続可能な事業環境の確保

 

・経営業務管理責任者に関する規制を合理化。

 

・合併・事業譲渡等に際し、事前認可の手続きにより円滑に事業承継できる仕組みを構築。

 

他。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------

建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 17:31 | comments(0) | trackbacks(0) |