建設業法 第24条

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

お客様のお話しを伺っていると、ここ数年、技術者(特に有資格者)を探しているところが増えているなと感じます。

 

資格の受験要件を満たしている方は、出来る限り取得された方が良いです。

 

実務経験がいくらあっても、対外的には資格を要求されることがあるためです。

 


-----------------------------------------------------------
          ≪  建設業法 第24条  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

建設業法第24条 

 

委託その他いかなる名義をもってするかを問わず、報酬を得て建設工事の完成を目的として締結する契約は、建設工事の請負契約とみなして、この法律の規定を適用する。

 

建設業法でも有名な条文の一つです。

 

中央行政では、よく「契約書や注文書だけでは、完全に判断はできないため、内容を確認させてください。」とお客様に伺います。

 

 

委託、雇用、委任その他如何なる名義を用いるもので有ろうと、「実質的に報酬を得て建設工事の完成を目的として締結する契約」はすべて建設工事の請負契約とみなされ、このような行為をする者に対しては、この規定が適用されます。

 

これは、現実に締結される契約は、建設工事の完成を目的としているものであっても、必ずしも請負という名義を用いていない場合があることから、本法の適用の対象を明確にし、脱法行為を防ぐために設けられたものです。

 

よって、請負契約という名称ではない契約であっても、建設工事の請負契約に該当している(=建設業法の適用となる)可能性がありますので注意が必要です。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 請負契約書 | 16:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
令第3条の使用人の資格は?

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

最近、国土交通省が建設業者の海外進出を推し進めているなと感じます。

 

将来的に国内の需要は見えてますので、海外進出に道を切り開くのは当然の流れでしょう。

 

セミナー等も開催されていることもありますので、まずは情報収集ですね。

 


-----------------------------------------------------------
        ≪  令第3条の使用人の資格は?  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

令第3条の使用人は、どのような資格が必要ですか?

 

しばしばいただく質問です。

 

専任技術者は、建築士や施工管理技士など、一定の技術資格を保有する方ということで要件が分かりやすいのですが、

 

必ずしも技術者とは限らない令第3条の使用人は分かりづらいようです。

 

令第3条の使用人は、建設工事の請負契約の締結及びその履行に当たって、一定の権限を有すると判断される方で、

 

支配人及び支店又は営業所(主たる営業所を除く)の代表者である方が該当します。

 

当該営業所において締結される請負契約について総合的に管理することが求められ、原則として、当該営業所において休日その他勤務を要しない日を除き一定の計画のもとに毎日所定の時間中、その職務に従事している方となります。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 令第3条の使用人 | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
技術検定種目の新設等について

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

比較的余裕のある時期ですが、先週末からご相談等の予定がいっぱいの状況です。

 

ちょうど良い時期で少しホッとしています。

 


-----------------------------------------------------------
       ≪  技術検定種目の新設等について  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

先日ご案内した技術検定の改正について

 

11月10日に公布・施行されましたので、概要を確認しておきます。

 

 

1.「電気通信工事施工管理」に係る技術検定の新設


電気通信工事施工管理に係る技術検定を新設し、受検資格等について以下のとおり定めます。


✓受検資格:施工管理に係る他の技術検定と同一


✓試験科目(1級・2級)

(学科)電気通信工学等・施工管理法・法規

(実地)施工管理法


✓受験手数料:1級(学科・実地)各13,000円2級(学科・実地)各6,500円


✓合格者の取扱い

(1級合格者)電気通信工事業における主任技術者・監理技術者等
(2級合格者)電気通信工事業における主任技術者等

 

✓コード番号

(一級電気通信工事施工管理技士)コード31(経審技術職員資格区分コード131)

(二級電気通信工事施工管理技士)コード32(経審技術職員資格区分コード232)

 

 

2.建築施工管理に係る2級の技術検定の学科試験の種別廃止
建築施工管理に係る2級の技術検定のうち、学科試験については、平成30年度より、種別を廃止して共通試験として実施します。

 


3.登録基幹技能者講習を修了した者の主任技術者等の要件への認定
登録基幹技能者講習を修了した者のうち、許可を受けようとする建設業の種類に応じ、国土交通大臣が認めるものについては、主任技術者等の要件を満たすものとします。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 技術者 | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) |