建設業法等の改正案

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

建設業法の改正がほぼ決定しました。

 

今までも度々改正はされていますが、今回の内容は大きいですね。

 

お客様から「経管の要件は緩和されないんですか?」とよく聞かれてましたので。

 

詳細を早く知りたいところです。

 


-----------------------------------------------------------
        ≪ 建設業法等の改正案 ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

「建設業法及び公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律の一部を改正する法律案」が、本日、閣議決定されました。   

 

主な内容です。

 

著しく短い工期による請負契約の締結を禁止し、違反者には必要な勧告等の措置を実施。

 

建設業の許可基準を見直し、社会保険への加入を要件化。

 

元請建設業者が配置する監理技術者に関し、これを補佐する者として技士補制度を創設し、技士補が専任配置されている場合は、複数現場の兼任を容認。

 

下請の主任技術者に関し、一定未満の工事金額等の要件を満たす場合は設置を不要化。

 

経営業務管理責任者に関する規制を合理化。建設業経営に関し、5年以上の経験者が役員にいないと許可が得られない現行の規制見直し、事業者全体として適正な経営管理体制を有することを求める。

 

建設業の譲渡や法人合併、相続等に際し、事前認可の手続きにより円滑に承継できる仕組みを構築。

 

 

注目は、、ぁ↓イ任垢諭

 

技術検定の学科試験(1次試験)合格者に「技士補」資格を新設。

 

設置不要となる金額の基準がどのくらいになるのか。

 

経営業務管理責任者の配置を許可要件としない!

 

 

今週も経営業務管理責任者の要件についてご相談をいただきましたが、許可維持に対する対策が変わりますね。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------

建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 18:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
監理技術者等の制度

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

先月末から目がかゆくなってきました。

 

最近は、雨が多いので少し治まっていたのですが、

晴れの今日は、やはりカユカユですね...

 


-----------------------------------------------------------
       ≪ 監理技術者等の制度 ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

監理技術者や主任技術者制度の目的は何でしょう?

 

高度な技術力を有する技術者

     ↓

施工現場でその技術力を十分に発揮する

     ↓

不良施工や一括下請負等を排除

     ↓

企業の信頼、成長

     ↓

建設工事の適正な施工の確保および建設産業の健全な発展

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------

建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 技術者 | 19:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
建設業許可を取らずに営業したい

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

国会提出予定の建設業法関係の法律案です。

 

件名:建設業法及び公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律の一部を改正する法律案

 

要旨:建設業を取り巻く社会経済情勢の変化等に鑑み、建設業者の経営の向上及び建設工事の適正な施工の確保を図るため、建設業の許可基準のうち経営能力に関する基準の緩和、著しく短い期間を工期とする請負契約の締結の禁止、建設資材製造業者等(仮称)に対する勧告及び命令等の制度の導入、公共工事の入札及び契約の適正化に係る指針の記載事項への工期の確保に関する事項の追加等の措置を講ずる

 

国会提出予定時期は、3月上旬です。

 


-----------------------------------------------------------
     ≪ 建設業許可を取らずに営業したい ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

お客様から初めてご相談をいただく際、

 

「建設業の許可を取りたい」というものと「許可を取らずにできないか」というものに分かれます。

 

許可を取りたくない場合の基準は、許可が無くても請け負うことができる500万円未満の軽微な工事の取り扱いです。

 

 

注文書をすべて500万円未満にすればいいんですよね?とご質問されることが多いです。

 

でも、それが認められると、許可自体の意味が無くなりますよね。

 

500万円未満にすればどんな工事もすべて請負えてしまうわけですから。

 

よって、×です。

 

 

そこで、軽微な工事とならない(=許可が必要となる)可能性が高い例を挙げてみます。

 

1.独立した工種ごとに契約があり、個別では500万円未満だが、合計すると500万円以上となる場合

 

2.元請工期が長期間で、500万円未満の工事を請負った後に、長期間の間を置いて再度500万円未満の工事を請負い、合計が500万円以上となる場合

 

3.単価契約で総価が500万円以上となる場合

 

 

工事の完成を複数の契約に分割して請け負う場合は、各契約代金の合計額とすることになっていますので注意してください。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------

建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業許可 | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) |