解体工事業許可の期限が迫っています

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

例年、余裕のある5月ですが、今年は非常にご相談件数が多く、回答が遅れております。申し訳ございません。

 

出来る限り早く対応いたします。

 


-----------------------------------------------------------
  ≪ 解体工事業許可の期限が迫っています ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

現在、解体工事業許可申請の駆け込みが急増しているようです。

 

うちの事務所でも今月だけで数社申請しています。

 

 

※平成28年6月1日時点で、「とび・土工工事業」の許可を受けており、解体工事業を営んでいる場合は、

 

令和元年5月31日までの間に限り、解体工事業の許可を受けずとも事業を営むことができます。

 

 

昨年度末までに、43,186業者が解体工事業許可を受けているそうです。

 

当然ながら、もっと増えますね。

 

中央行政では、来週末までに書類が揃っていれば、許可申請を受けつけています。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------

建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業許可 | 16:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
電気工事業者の標識掲示

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

長かったGW10連休もあっという間でした〜

 

期間中、6か所(ということは6日間)近場の公園へ遊びに行きましたが、意外に人が多かったです。

 

公園の有難さを感じた連休でした^^

 


-----------------------------------------------------------
     ≪ 電気工事業者の標識掲示 ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

電気工事業者も建設業許可と同じく、営業所および電気工事の施工場所ごとに、一定の内容を記載した標識を掲げなければなりません。

 

建設業許可はよく見ますが、電気工事業者登録は掲げていないところも結構あるのではないでしょうか。

 

 

電気工事業者登録の標識で注意すべき点は、種類が4つあることです。

 

■登録電気工事業者

「登録電気工事業者登録票」

 

■みなし登録電気工事業者

「登録電気工事業者届出済票」

 

■通知電気工事業者

「通知電気工事業者通知票」

 

■みなし通知電気工事業者

「通知電気工事業者通知済票」

 

まるで間違い探しをしているような気になりますが、

掲げる標識を確認して作成するようにしましょう。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------

建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 16:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
建設業法と電気工事業法の「営業所」

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

昨日蒸し暑かった東京は、今日は寒いです〜

事務所内も暖房入れてます。

 

明日からの10連休の天気が気になるところですが、

せっかくの超大型連休なので、有意義に過ごしたいですね^^

 


-----------------------------------------------------------
   ≪ 建設業法と電気工事業法の「営業所」 ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

電気工事業者以外は、あまり関係無いと思いますが、

建設業法の営業所と、電気工事業法の営業所の定義を比べてみたいと思います。

 

 

〇 建設業の営業所

 

常時建設工事の請負契約の見積、入札、契約の締結を行う事務所

 

他の営業所に対して請負契約に関する指導監督を行うなど、建設業に係る営業に実質的に関与する場合も該当します。

 

 

〇 電気工事業の営業所

 

電気工事の施工の管理を行う店舗

 

実態として、電気工事の施工に関する管理業務を行っていれば、営業所に該当します。

 

よって、電気工事の契約の締結、経営管理等のみを行い、具体的な電気工事の施工に関する管理をすべて下部組織等に行わせているような本店等は、営業所に該当しません。

 

 

営業所と一口に言っても、定義が異なりますので、支店や営業所が多くある企業にとっては、どの営業所で許可、登録するかを確認しておく必要がありますね。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------

建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 18:45 | comments(0) | trackbacks(0) |