建設業許可業者数

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

GWはあっという間に終わりました。

 

久しぶりに国内旅行しましたが、

結構雨にやられました。。

 

今週もよく振りますね・・・

 


-----------------------------------------------------------
                   ≪  建設業許可業者数  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

大手銀行は人員削減していますが、大手建設業は増えているようです。特に女性が増えているとか。

 

以前このブログでも紹介しましたが、

建設女子を応援するサイトが結構ありますからね。

業界に親しみを感じた方も増えているのかもしれません。

 

さて、国土交通省は、平成30年3月末現在の建設業許可業者数を公表しました。

 

許可業者数は、464,889業者で、前年よりも0.1%の減少でした。

ちなみに、東京都は42,730業者です。

 

業種は、1位がとび土工、2位が建築一式、3位が土木一式だそうです。

 

とび土工が最も多いのはよく分かります。

中央行政でもおすすめしている業種ですから。

 

また、中央行政のお客様でも比較的多い建設業以外の営業を行っている、いわゆる兼業業者の割合は28%で、大臣許可業者が圧倒的に高いそうです。

 

専業ではないがために、建設業の届出代行やご相談を多くいただきます。

 

どんな業態であろうと、順守すべきものは同じですからね。

 

法改正等の情報は、入手する手段は整えておいた方がいいです。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業許可 | 13:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
専任技術者とは

おはようございます。

行政書士の平賀猛です。

 

3月に入りました。

 

先月後半から、冬と同じ気温でも、

何となく春を感じるようになりました。

 

先週は雪が降りましたが・・・

 

本格的な春が待ち遠しいです^^

 


-----------------------------------------------------------
          ≪  専任技術者とは   ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

専任技術者とは、簡単にいうと、その営業所に常勤して、もっぱら請負契約の適切な締結やその履行の確保のための業務に従事する方です。

 

建設業許可を取得するには、営業所ごとに許可を得ようとする業種の「専任技術者」をその名の通り、専任で置かなければなりません。

 

「専任」であるため、他社の代表取締役はなれません。

 

(ただし、他社に複数の代表取締役が存在し、常勤性に問題が無い場合は認められることがあります)

 

また、当然ながら、他社の技術者にはなれません。

 

 

 

専任技術者となるには、どのような資格を証明する必要があるのでしょうか?

 

■ 一般建設業の許可を受ける場合


・一定の学歴+実務経験を有する者
・一定の実務経験を有する者
・一定の資格を有する者

 


■ 特定建設業の許可を受ける場合


・一定の資格を有する者
・一定の実務経験および指導監督的実務経験を有する者
・国土交通大臣の認定を受けた者

 

 

複数の業種の要件を満たしている場合は、同一営業所に限り、複数の業種の専任技術者となることができます。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業許可 | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
特定許可の財産的基礎

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

中小建設業の「自己資本比率」が平成に入り最も高くなったそうです。

 

自己資本比率(%)= 自己資本/総資産(総資本)×100

 

良いニュースですね^^

 


-----------------------------------------------------------
        ≪  特定許可の財産的基礎   ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

特定許可を取りたい、特定許可を維持したいというご相談をよくいただきます。

 

その中で、財産的要件はどこを確認すればよいかとのご質問を多く受けますので簡単にまとめておきます。

 

 

【財産的基礎の基準】

次の4点を満たしていることが必要です。

 

欠損の額が資本金の額の20%を超えていないこと。
流動比率が75%以上であること。
資本金の額が2,000万円以上であること。

自己資本の額が4,000万円以上であること。

 

※法人の場合

 

 「欠損の額」は、貸借対照表の繰越利益剰余金が負である場合にその額が資本剰余金、利益準備金及び任意積立金の合計額を上回る額をいいます。

 

 「流動比率」は、流動資産を流動負債で除して得た数値を百分率で表したものをいいます。

 

ぁ崋己資本」は、法人にあっては貸借対照表における純資産合計の額をいいます。

 

 

この基準を満たしているかどうかの判断は、原則、既存の企業にあっては申請時の直前の決算期における財務諸表により行います。

 

新規設立の企業にあっては創業時における財務諸表により行います。

 


ただし、当該財務諸表上では、資本金の額に関する基準を満たさないが、申請日までに狒資”を行うことによって基準を満たすこととなった場合には、「資本金」については、この基準を満たしているものとして取り扱います。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業許可 | 11:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
請負契約に関する誠実性とは?

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

先週末は、親戚の子が留学するとのことで、お祝い?の品を買いに行きました。

 

日本の高校には行かず、海外の高校へ行くと自ら決断したとのこと。

 

ときが経つのは早いなぁ...

 

ついこの間まで抱っこしていたのに...

 

少し歳を感じました(;^_^A

 


-----------------------------------------------------------
     ≪ 請負契約に関する誠実性とは? 
-----------------------------------------------------------

 

 

代表者、役員、令3条の使用人が請負契約に関して、

 

不正または不誠実な行為をするおそれが明らかな者でないことをいいます。

 

 

不正行為とは、詐欺、脅迫、横領等の法律に違反する行為を指し、

 

不誠実な行為とは、工事内容、工期などに関する請負契約に違反する行為をいいます。

 

 

また、役員等のうちに暴力団がいる場合にもこの基準を満たさないものとして扱われます。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業許可 | 18:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
許可更新と同時に業種追加申請も…

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

最近のバタバタで、デスク上が散らかっており、

整理しないとと考えています。

 

何かの本で読んだのですが、周りをきれいにしておくと、

良い案が浮かぶようになるらしいです。

 

マメに整理しておきたいですね(;^_^A

 


-----------------------------------------------------------
     ≪ 許可更新と同時に業種追加申請も… 
-----------------------------------------------------------

 

 

建設業許可申請は、5年に一度、許可の更新申請をする必要があります。

 

5年に一度は、各種証明書などを準備するということですね(-_-;)

 

 

業種追加申請を考えている場合は、更新申請と一緒にした方が、重複書類を省略できることがあります。

 

中央行政のお客様でも、現在、更新+追加を申請中のところがあります。

 

 

許可更新申請の手続きは(すべての都道府県を把握しているわけではありませんが)、有効期間が満了する30日前までとしているところが殆どだと思います。

 

よって、それまでに許可更新+業種追加申請をしておけばいいだろう...

 

...と考えていると、

 

間に合わない可能性があります。

 

 

理由は、審査庁によって、その受付期間が更新のみの場合と異なってくるためです。

 

関東地方を例にすると、

 

・関東地方整備局…有効期間が満了する日の6か月前までに申請。

・茨城県…有効期間が満了する日の30日前までに申請。

・栃木県…有効期間が満了する日の1か月半以上前までに申請。

・群馬県…有効期間が満了する日の2か月以上前までに申請。

・埼玉県…有効期間が満了する日の30日前までに申請。

・千葉県…有効期間が満了する日の60日前までに申請。

・東京都…有効期間が満了する日の30日前までに申請。

・神奈川県…有効期間が満了する日の3か月前までに申請。

 

 

茨城県、埼玉県、東京都以外は注意が必要です。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業許可 | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
建設業の実務経験とは

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

最近、テレビをまったく見ない日が増えました。

以前は、まず先にテレビのスイッチだったのに...

 

ニュースは、一応、新聞とネットで見てます。

 


-----------------------------------------------------------
       ≪  建設業の実務経験とは  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

実務経験とはどのような経験ですか?

たまにご質問を受けます。

 

確かに、○○工事に携わった経験ですよ〜と言ってもどこまでが経験とされるのか...

 

国土交通省では、「建設工事の施工に関する技術上のすべての職務経験」と言ってます。

 

よって、現場で施工した、現場監督技術者として監督に従事した、見習いに従事した、

 

また、建設工事の発注にあたって設計技術者として設計に従事した経験も含めます。

 

ただし、単に建設工事の雑務のみの経験は含まれません。

現場にはいるけれど、整理や掃除をしているだけでは、技術上とは言えませんね。

 

「技術上の経験」がポイントです。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業許可 | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
建設業許可申請様式の改正

こんにちは、行政書士の平賀猛です。
 

国土交通省は建設現場の仮設トイレを「快適トイレ」として原則導入することになっていますが、その事例がホームページで公開されました。

 

導入にあたり、国土交通省が1基あたり45,000円を上限に費用負担するとのことです。

 

直轄工事を請け負う場合は要チェックですね^^

 


-----------------------------------------------------------
      ≪  建設業許可申請様式の改正  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

さて、あと1ヶ月あまりとなりました建設業の様式改正(平成28年11月1日施行)

 

先の改正で発表されていましたが、建設業許可申請書、変更届出書、経営規模等評価申請書に「法人番号」記載欄が追加されます。

 

許可申請書だと、資本金額の横に追加されるようですね。

 

詳細はコチラでご確認ください。

 



いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業許可 | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
解体工事業の実務経験証明書
こんにちは、行政書士の平賀猛です。

梅雨入り後の快晴晴れです。

このブログは、IEとChromeで表示が異なってしまうため、
どちらを優先して表示させるか考えます。

2週IE優先にしていましたが、Chromeのズレがすごいので、
優先をまたChromeに戻しました。

フォントも昔から使っていたものが出ないし…
使いづらさに悩みます。。


-----------------------------------------------------------
    ≪  解体工事業の実務経験証明書  
-----------------------------------------------------------


6月1日から新設された「解体工事業」
中央行政では、今週、第1号の許可を申請し、受理されました。

実務経験証明書について、本日ご相談を受けましたので、
「解体工事業」の実務経験証明書の記載方法についてみてみます。

「実務経験の内容」は、使用された期間内において、建設工事に携わった経験について具体的な工事件名をあげて記載します。

「実務経験年数」は、実務経験の内容に記載した経験期間を記載し、その合計期間が必要年数を満たしていることが必要です。

さて、「解体工事業」の実務経験ですが、

通常、実務経験期間が重複しているものは、二重にカウントできませんが、

平成28年5月31日までに「とび・土工工事業」許可で請け負った解体工事の経験期間については、

平成28年6月1日以降、「とび・土工工事業」および「解体工事業」の双方の実務経験期間として二重に計算できます。





いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------
| 中央行政事務所 | 建設業許可 | 16:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
1件の請負代金が500万円
こんにちは、行政書士の平賀猛です。

明日からGWですね^^
出かけるには最高の季節です。

中央行政事務所では、暦通りの営業です。
土日、祝祭日はお休みをいただいております。


-----------------------------------------------------------
     ≪  1件の請負代金が500万円  
-----------------------------------------------------------


建設業許可の取得について、ご存じの方も多い「500万円」ですが、

ご相談者とお話していると、500万円というワードだけが一人歩きしているなと感じることが少なくありません。


ということで、この「500万円」を詳細に見てみることにします。

消費税込で考えます。
税抜き463万円の工事を請け負う場合は、許可が必要となります。

一つの工事を2以上に分割して請け負うときは、各契約の請負代金の合計額となります。
800万円の工事を400万円2枚の契約に分割しても、800万円=許可が必要となります。

注文者が材料を提供する場合は、市場価格または市場価格及び運送費を請負代金の額に加えます。
簡単にいえば、材料込で500万円を判断しますよということです。


意外に許可が必要となるケースが出てくるのではないでしょうか?


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------
| 中央行政事務所 | 建設業許可 | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
一般建設業許可を特定建設業許可に変更したい
こんにちは、行政書士の平賀猛です。

今冬は、ここまでまだコートを着ていません。
ニットとマフラーで通勤、外勤しています。

今のところ、強く寒さを感じていないためです。

ニブくなったのか、強くなったのかわかりませんが^^;
自転車の時は対策を取らないとですね。



-----------------------------------------------------------
   ≪  一般建設業許可を特定建設業許可に変更したい  
-----------------------------------------------------------


毎年ご相談いただくことが多い「一般許可から特定許可へ変える場合の要件の違い」について簡単にまとめてみます。

建設業許可の要件は、5つあります。
経営業務の管理責任者
営業所の専任技術者
誠実性
財産的基礎
欠格要件

このうち、 ↓、イ楼貳無可と特定許可の違いはありません。

営業所の専任技術者
一般許可では2級の国家資格者や実務経験者も認められていますが、特定許可では、一級国家資格者や一定以上の実務経験等、より上位の資格等が要求されています。

財産的基礎
特定建設業者は、8,000万円以上の工事を履行するに足る財産的基礎を有しなければなりません。
具体的には、申請直前決算において、原則、次の4点すべてを満たしてることが必要です。
 1)資本金が2,000万円以上
 2)自己資本の額が4,000万円以上
 3)流動比率が75%以上
 4)欠損の額が資本金の額の20%以内

これら、より加重された許可要件を具備する必要があること以外に、特定建設業者となった際には、下請保護の義務、施工体制台帳の作成義務等、建設業法の義務も生じます。

特定許可を受けるにあたっては、これらの点についても理解し、体制を整えておく必要があります。




いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 

http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------
| 中央行政事務所 | 建設業許可 | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0) |