建設業法等の改正案

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

建設業法の改正がほぼ決定しました。

 

今までも度々改正はされていますが、今回の内容は大きいですね。

 

お客様から「経管の要件は緩和されないんですか?」とよく聞かれてましたので。

 

詳細を早く知りたいところです。

 


-----------------------------------------------------------
        ≪ 建設業法等の改正案 ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

「建設業法及び公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律の一部を改正する法律案」が、本日、閣議決定されました。   

 

主な内容です。

 

著しく短い工期による請負契約の締結を禁止し、違反者には必要な勧告等の措置を実施。

 

建設業の許可基準を見直し、社会保険への加入を要件化。

 

元請建設業者が配置する監理技術者に関し、これを補佐する者として技士補制度を創設し、技士補が専任配置されている場合は、複数現場の兼任を容認。

 

下請の主任技術者に関し、一定未満の工事金額等の要件を満たす場合は設置を不要化。

 

経営業務管理責任者に関する規制を合理化。建設業経営に関し、5年以上の経験者が役員にいないと許可が得られない現行の規制見直し、事業者全体として適正な経営管理体制を有することを求める。

 

建設業の譲渡や法人合併、相続等に際し、事前認可の手続きにより円滑に承継できる仕組みを構築。

 

 

注目は、、ぁ↓イ任垢諭

 

技術検定の学科試験(1次試験)合格者に「技士補」資格を新設。

 

設置不要となる金額の基準がどのくらいになるのか。

 

経営業務管理責任者の配置を許可要件としない!

 

 

今週も経営業務管理責任者の要件についてご相談をいただきましたが、許可維持に対する対策が変わりますね。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------

建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 18:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
配置技術者の専任すべき期間

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

年々、男性の職場に女性が、女性の職場に男性が就いていることが増えているように感じます。

 

建設業の現場もそうですね。

男性特有の職場とまでは言いませんが、圧倒的に男性が多い中で女性の進出が増えています。

 

運転手や看護師、キャビンアテンダントなどもそうですね。

 

職業のイメージも変わりますし、良いことだなぁと感じています。

 


-----------------------------------------------------------
      ≪ 配置技術者の専任すべき期間 ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

配置技術者に専任が求められる工事とは、「公共性のある施設若しくは工作物又は多数の者が利用する施設若しくは工作物に関
する重要な建設工事」であり、

 

1件の請負金額が3,500 万円(建築一式工事は7,000万円)以上である工事のことを言います。

 

簡単に言うと、個人住宅・長屋を除く殆どの工事で、1件3,500万円以上の工事となります。

 

この「専任期間」は、どこまで専任?と気にしている方が多いです。

 

 

簡単に3つに分けます。

 

元請業者の場合

契約工期のうち、次の期間は専任不要です。

 

a) 請負契約の締結後、現場施工に着手するまでの期間(現場事務所の設置、資機材の搬入又は仮設工事等が始まるまでの間)

 

b) 自然災害の発生又は埋蔵文化財調査等により、工事を全面的に一時中断している期間

 

c) 工事完成後、検査が終了し(発注者の都合により検査が遅延した場合を除く)、事務手続き、後片付け等のみが残っている期間

 

 

工場製作を含む場合

契約工期のうち、次の期間は専任不要です。

 

a) 橋梁、ポンプ、ゲート、エレベーター等の工場製作を含む工事であって、工場製作のみ行われている期間

 

 

下請業者の場合

契約工期のうち、次の期間は専任不要です。

 

a) 下請工事が実際に施工されていない期間

 

※元請業者自らが直接施工する工事がない期間でも、下請業者が現場で作業を行っている期間は、元請業者も現場に専任していなければなりません。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------

建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
談合による営業停止処分

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

今月は、施工管理技士試験の合格発表がいくつかあります。

 

受検者数は増えているようです。

 

お客様とお話していても、社員の方が受検すると

最近よく聞くようになりました。

 

建設業を行っていくうえでは、実務経験はもちろん大切ですが、

資格の保有は、対外的に証明し易いため重宝されます。

 

お時間のある限り、受検を検討いただきたいなと思います。

 


-----------------------------------------------------------
      ≪ 談合による営業停止処分 ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

報道でもよく流れていたリニア談合について

 

関東地方整備局は、独禁法違反で罰金刑が確定したことに伴い、営業停止処分を行いました。

 

停止範囲は、民間の土木一式工事を請負う営業で、期間は120日間です。

 

 

国土交通省の監督処分の基準では、次のように記さされています。

 

・建設業法第28条第1項各号の一に該当する不正行為等があった場合


当該不正行為等が故意又は重過失によるときは原則として営業停止処分を、その他の事由によるときは原則として指示処分を行うこととする。

なお、個々の監督処分を行うに当たっては、情状により、必要な加重又は減軽を行うことを妨げない。

 

 

・具体的基準
建設業者の業務に関する談合・贈賄等(刑法違反(競売入札妨害罪、談合罪、贈賄罪、詐欺罪)、補助金等適正化法違反、独占禁止法違反)


a 代表権のある役員(建設業者が個人である場合においてはその者。以下同じ。)が刑に処せられた場合は、1年間の営業停止処分を行うこととする。


b その他の場合においては、60日以上の営業停止を行うこととする。この場合において、代表権のない役員又は政令で定める使用人が刑に処せられたときは120日以上の営業停止処分を行うこととする。


c 独占禁止法に基づく排除措置命令又は課徴金納付命令の確定があった場合(独占禁止法第7条の2第18項に基づく通知を受けた場合を含む。)は、30日以上の営業停止処分を行うこととする。


d a〜cにより営業停止処分(独占禁止法第3条違反に係るものに限る。)を受けた建設業者に対して、当該営業停止の期間の満了後10年を経過するまでの間にa〜cに該当する事由(独占禁止法第3条違反に係るものに限る。)があった場合は、a〜cにかかわらず、それぞれの処分事由に係る監督処分基準に定める営業停止の期間を2倍に加重して、1年を超えない範囲で営業停止処分を行うこととする。

 

 

通常60日の営業停止処分が120日となった理由は、上記「具体的基準d」にある10年以内に同様の処分を受けており、営業停止期間が2倍に加重されたためです。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 12:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
施工体制台帳の作成義務

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

どこからか風邪菌をもらったのか、それとも前日に11キロ以上歩いていたからなのか、

 

昨日からマスクをしながら業務を行っています。

 

声が出しづらく、メールは有難いなと感じています。

 


-----------------------------------------------------------
     ≪ 施工体制台帳の作成義務 ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

今週いただいたご相談の中から、施工体制台帳の作成義務について簡単に見ておきます。

 

民間工事においては、比較的大きな工事が作成の対象となります。

 

元請業者(特定建設業者)は、下請契約総額4,000万円(建築一式工事は6,000万円)以上になる場合は、施工体制台帳と施工体系図の作成が義務付けられています。

   ↓

作成義務者は、元請業者(特定建設業者)です。

   ↓

・公共工事では、下請契約額に関わらず、施工台帳作成を作成し、台帳の写しは発注者への提出が義務付けられています。

・民間工事は、発注者からの請求に基づき、閲覧に供しなければなりません。

   ↓

工事目的物を発注者に引き渡すまでの間、工事現場ごとに備え付けることが義務付けられています。

   ↓

一部抜粋したものを5年間保存します。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
一括下請負に対する発注者の承諾

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

今朝、通勤ラッシュ時(電車内)に、海外の観光客家族が乗っていました。

 

大人は良いのですが、小さな子は不安そうに立っていて、

それも大勢の人に囲まれていました。

特に今日は、電車の遅れもあり混み込みです...

 

他の国はこういった状況があるのかわかりませんが、

この光景・経験で日本をイヤにならないで欲しいなと感じました。

 


-----------------------------------------------------------
   ≪ 一括下請負に対する発注者の承諾 ≫
-----------------------------------------------------------

 


民間工事(共同住宅を新築する建設工事を除く)では、元請負人があらかじめ発注者から一括下請負することについて、

 

「書面による承諾」を得ている場合は、一括下請負禁止の例外とされています。

 

 

この「書面による承諾」について、もう少し詳しく見ていきます。


(1)建設工事の最初の注文者である発注者の承諾が必要です。

発注者の承諾は、一括下請負に付する以前に書面により受けなければなりません。

 

(2) 発注者の承諾を受けなければならない者は、請け負った建設工事を一括して他人に請け負わせようとする元請負人です。


したがって、下請負人が請け負った建設工事を一括して再下請負に付そうとする場合にも、発注者の書面による承諾を受けなければなりません。

 

※当該下請負人に建設工事を注文した元請負人の承諾ではないことに注意です。

 


また、事前に発注者から承諾を得て一括下請負に付した場合でも、

 

元請負人は、請け負った建設工事について建設業法に規定する責任を果たすことが求められ、

 

当該工事現場には、主任技術者又は監理技術者を配置することが必要です。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 15:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
変更届の効力はいつから?

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

中央行政事務所では、今年から夏季休暇をいただくことになりました。

 

夏季休暇 8/13(月)〜15(水)

 

事務所創設して初めてです。

 

宜しくお願い申し上げます。

 


-----------------------------------------------------------
     ≪ 変更届の効力はいつから? ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

表題の件、たまにご質問を受けます。

 

届出書に記載した変更日となるのか、それとも提出日となるのか?

 

 

ガイドラインでは次のように記載してあります。

 

変更届は、当該届出に係る事項が許可要件に関するものであり、法で定める要件を充足しないものでない限りは、大臣許可にあっては都道府県が受理したときに効力を生ずる。

 

 

変更日ではなく、提出日でもなく、受理日となります。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
技術者の現場配置は義務?

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

今月から、中央行政ブログも12年目のシーズンに入りました。

 

感謝感謝です。

 

そうそう、「感謝」、「ありがとう」という言葉は、

良い波動を持っているそうです。

 

口ぐせにしたいですね^^

 


-----------------------------------------------------------
       ≪  技術者の現場配置は義務?   ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

工事現場には、主任技術者や監理技術者を配置する。

 

これは、ご存じの方も多いのですが、

 

よくいただくご質問に、許可の無い業者でも配置が必要か、許可業者だが軽微な工事についても配置が必要か、というものがあります。

 

工事現場に主任技術者等の配置義務があるのは、許可のある建設業者です。

 

許可なく建設業を営む者は、配置義務は課されていません。

 

また、許可のある業者は、軽微な工事であっても、主任技術者を配置することが必要です。

 

 

例)300万円の塗装工事を受注

 

A塗装工事の許可業者

⇒主任技術者を配置しなければなりません。

 

B塗装工事の許可なし業者

⇒主任技術者を配置する義務はありません。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
許可の継続ができない(欠格要件)

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

東京の桜開花予想は、3/19だそうです。

 

春がやってきた感じですね^^

 


-----------------------------------------------------------
     ≪  許可の継続ができない(欠格要件)   ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

建設業許可を受けており、許可の基準を維持しているものの、

 

許可の継続ができない場合(欠格要件)があります。

 

稀なケースではありますが、念のため抑えておく必要があります。

(簡潔に記載しておきます。これがすべてではありません)

 

 

〔魄や令3条の使用人が、懲役刑、禁錮刑を受けた場合

 

企業や役員、令3条の使用人が建設工事に関連する一定の法律による罰金刑を受けた場合

※一定の法律とは、建築基準法、都市計画法、労働基準法、労働者派遣法等です。

 

0貭蠅侶宰“箸箸覆辰疹豺

※傷害罪、暴行罪、脅迫罪等です。

 

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
東京都の建設業者に対する指導監督

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

今日の東京は息が白かったです。。

まだ10月なのに、一気に冬になった感じです。

 

ちなみに、雨の日のような湿度が高い方が、息は白くなるそうです。

 


-----------------------------------------------------------
    ≪ 東京都の建設業者に対する指導監督 
-----------------------------------------------------------

 

 

指導監督処分(指示処分、営業停止処分、許可取消処分)の対象となる建設業者は原則下記となります。

 

・東京都知事許可を有する者

・無許可業者で都内で建設工事を施工している者

 

 

対象となる不正行為の例です。意外に身近にあるかもしれません。注意しましょう。

 

・一括下請負を行った場合

・経営事項審査、入札参加資格申請等において虚偽の申請を行った場合

・主任技術者、監理技術者を現場に配置しなかった場合

・公衆または工事関係者に対して事故を起こした場合

・建設工事の施工等に関し建設業法以外の他法令違反を行った場合

・虚偽の施工体制台帳、施工体系図の作成等を行った場合 等

 

元請負人が下請負人に対する指導等を怠ったため、下請負人が不正行為等を行った場合、下請負人のみならず元請負人に対しても指導監督を行うことがあります。

 

不正行為を複数行った場合は、より重い内容の指導監督の対象となります。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 19:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
再下請負通知書の内容

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

このところ細かな字を見ていることが多く、目がちかちかしていたので、

 

目の保養にこちらの動画を見ました。

 

本年度の行政書士ポスターになっている真野恵里菜さんです。

 


-----------------------------------------------------------
      ≪ 再下請負通知書の内容 
-----------------------------------------------------------

 

施工体制台帳の作成が義務付けされた建設工事の下請負人は、元請負人(特定建設業者)に対し、再下請負通知書を提出しなければなりません。

 

再下請負通知書の内容は次の6点です。

 

1.自社に関する事項

2.自社が注文者と締結した建設工事の請負契約に関する事項

3.自社が下請契約を締結した再下請負人に関する事項

4.自社が再下請負人と締結した建設工事の請負契約に関する事項

5.社会保険の加入状況

6.外国人建設就労者の従事の状況

 

※3,4 添付書類(請負契約書写し)に記載されている事項は、再下請負通知書への記載が省略可能です。

 

 

ここでも社会保険加入の項目が入っています。

 

施工体制台帳、経審の評価など未加入者包囲網が着々と張られていますね。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 19:01 | comments(0) | trackbacks(0) |