現場ごとに置く専任の技術者

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

中央行政事務所は、暦通りの営業です。

お盆休みはありません。

 

開業当初からそのようにしていましたが、

来年はお盆休みの導入を考えています。

 


-----------------------------------------------------------
      ≪ 現場ごとに置く専任の技術者 
-----------------------------------------------------------

 

 

請負代金が3,500万円(建築一式工事は7,000万円)以上の工事については、個人住宅を除き、工事現場ごとに専任の技術者を置かなければなりません。

 

工事現場ごとに専任とは、他の工事現場に係る職務を兼務せず、常時継続的に当該工事に係る職務にのみ従事していることをいいます。

 

よって、通常、営業所の専任技術者との兼任、経営業務管理責任者との兼任は“不可”と考えられています。

 

 

毎年、知らなかった〜というお話を聞きますので、

 

主任技術者等を配置するにあたり、ご注意いただければと思います。

 

 

よいお盆休みをお過ごしください^^


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
指名停止措置は監督処分にあたる?

おはようございます。行政書士の平賀猛です。

 

今週は、梅雨に逆戻りしたような天気が続いています。

 

今月もあと少し、事務所メンバー共々走り回っていますゆう★

 

来月も引き続き繁忙期は続きますぴのこ:)

 


-----------------------------------------------------------
    ≪ 指名停止措置は監督処分にあたる? 
-----------------------------------------------------------

 

 

経審の評点改正が近々行われそうです。

 

その1つがW点。

 

私も以前から疑問に感じていたのですが、最低点0であったのが、マイナス点となりそうです。

 

 

さて、先日お受けしたご質問です。

 

「指名停止措置」は監督処分にあたるのでしょうか?

 

建設業法等の法令に違反すると、監督処分の対象となります。

 

監督処分は、指示処分、営業停止処分、許可取消処分の3種類です。

 

指名停止措置は、省庁や役所等が入札参加資格のある建設業者に対して、一定期間、発注する建設工事の競争入札に参加させないとするものです。

 

これは、各役所等が行う行政上の措置であるため、建設業法の監督処分にはあたりません。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
公共性のある施設、多数の者が利用する施設…

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

大手建設会社では、3年連続で常時従業員が増加、

そして、全国の建設会社の受注高は3年連続増加だそうです。

 

3年連続の増加ってすごいですね。

明るいニュースはいいものです^^

 


-----------------------------------------------------------
   ≪ 公共性のある施設、多数の者が利用する施設… ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

今週いただいたご相談です。

 

公共性のある施設若しくは工作物又は多数の者が利用する施設若しくは工作物に関する工事で、重要な建設工事に配置される監理技術者等は、工事現場ごとに専任の者でならない

・・・とあるので、民間工事は、これに当たらないんですよね?

 

 

■ 公共性のある施設若しくは工作物又は多数の者が利用する施設若しくは工作物とは…

々顱地方公共団体等が発注者である施設又は工作物
鉄道、道路、ダム、上下水道、電気事業用・ガス事業用等の施設又は工作物
3惺察∋務所、百貨店、工場、病院、共同住宅等のように多数の人が利用する施設又は工作物

 

・・・これらはあくまで例示であり、通常は、戸建ての個人住宅を除くほとんどの工事が該当すると考えられています。

 

 

■ 重要な建設工事とは…

工事1件の請負代金の額が3,500万円(建築一式工事の場合は7,000万円)以上の工事です。

 

 

 

上記に該当する工事については、工事現場ごとに専任で監理技術者等を置く必要があります。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
軽微な工事であれば・・・

おはようございます。

行政書士の平賀猛です。

 

この時期はお出かけ日和の良い気候ですね。

 

近所の散歩だけでも気持ち良いです^^

 


-----------------------------------------------------------
       ≪ 軽微な工事であれば・・・ ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

さて、今週いただいたご相談の一部を紹介します。

 

 

Q.同じ許可業種を営業所により一般許可と特定許可に分けて取得することはできますか?

例えば、造園工事業を本社で特定許可、横浜支店で一般許可というように取得するケースです。

 

A.○○でできると聞いたのですがと言われることがまれにありますが、これはできません。

ガイドラインでも「同時に一の建設業につき一般建設業の許可と特定建設業の許可が重複することはあり得ない」とあります。

 

 

Q.すでに保有している許可について、軽微な工事であれば他の営業所でも契約はできますか?

例えば、管工事業を本社でのみ取得しているが、軽微な管工事を横浜支店で契約できるかというようなケースです。

 

A.これもできません。

ガイドラインでは、「許可を受けた業種については軽微な建設工事のみを請け負う場合であっても、届出をしている営業所以外においては当該業種について営業することはできない」とあります。

 

 

これらのご質問は、毎年いただくものです。

特に下段については、建設業の営業においてとても重要となるところですので注意が必要です。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
無許可業者も対象とした規定

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

GWが始まりますね。

 

私は、特に出かける予定もないので、ガーデニングでもしてみようかな...なんて考えています(^_^;)

 


-----------------------------------------------------------
       ≪ 無許可業者も対象とした規定 ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

今週いただいたご相談の中で、建設業の無許可業者については、建設業法の対象になるのでしょうかというのがありました。

 

500万円未満の軽微な工事のみを請負う場合は、建設業許可を得なくても建設業を営むことができますが、無許可業者を対象とした規定は無いのでしょうか。

 

 

無許可業者も対象とした規定には下記のようなものがあります。

 

○ 請負契約を公正に締結し、誠実に履行する義務、書面主義(§18、§19)


○ 一括下請負の禁止(請ける側)(§22◆


○ 指示処分・営業停止(§28↓)

 

○ 不正事実の申告(§30◆

 

○ 報告徴収・立入検査(§31 

 

○ 許可を受けていないにもかかわらず、建設業者であると明らかに誤認される表示の禁止(§40の2)

 

○ 指導・助言・勧告(§41 

 

今後は、技術者の配置、一定の種類の工事業を営む場合の登録制などが検討されています。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
監理技術者等の途中交代

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

許可通知書が届きました!

結果通知書が届きました!

 

一番嬉しい連絡です。

 

今日もいただきました。

ありがとうございます。

 

来週も連絡が届きますように。


-----------------------------------------------------------
       ≪  監理技術者等の途中交代  ≫
-----------------------------------------------------------

 

適正な施工を確保する観点から、監理技術者等の工期途中での交代は原則認められていませんが、

 

例外として、次のような真にやむを得ない場合のみ認められています。

 

死亡、傷病

 

退職

 

受注者の責によらない理由により、工事の中止又は工事内容の大幅な変更が発生し、工期が延長された場合


橋梁、ポンプ、ゲート等の工場製作を含む工事であって、工場から現地へ工事の現場が移行する時点


ダム、トンネル等の大規模な工事で、一つの契約工期が多年に及ぶ場合

 


いずれの場合であっても、発注者と元請業者との協議により、交代の時期は工程上一定の区切りと認められる時点とするほか、交代前後における監理技術者等の技術力が同等以上に確保されることが必要です。

 

また、工事の規模、難易度等に応じ一定期間重複して工事現場に配置するなどの措置をとることにより、工事の継続性、品質確保等に支障がないと発注者に認められなければなりません。


協議においては、発注者からの求めに応じて、元請業者が工事現場に配置する監理技術者等及びその他の技術者の職務分担、本支店等の支援体制等に関する情報を発注者に説明することが重要です。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
附帯工事の請負と施工

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

先日、自宅周辺地域の郵便局を地図で調べていると、

 

空白地域がなく、万遍なく郵便局が存在していることがわかりました。

 

郵便局の地域密着性があらためて確認できました^^

 


-----------------------------------------------------------
       ≪  附帯工事の請負と施工  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

土木一式又は建築一式の許可を受けた場合は、一式工事に該当する工事を請け負うことができます。

また、専門工事のみの許可であっても、その附帯工事の範囲にあっては、許可を有していない業種の工事を請け負うことができます。


ただし、請け負うことはできますが、一式工事にあっては、その一式工事を構成する各種専門工事ごとの合計額が500万円超となるときは、該当の各専門工事につき、次のいずれかの方法で施工しなければなりません。

 

  当該専門工事について主任技術者となりうる資格を有する者を専門技術者として配置して自ら施工する。


  当該専門工事について許可を受けている専門工事業者に下請させる。


また、専門工事にあっても、その附帯工事の各種専門工事ごとの合計額が500万円超となるときは同様の施工が必要です。

 

ちなみに、附帯工事は、あくまで主たる工事(目的の工事)履行のために必要を生じた従たる工事であり、主たる工事を上回
る工事価格となることは通常考えられず、それ自体が独立の使用目的に供されるものであってはならないとされています。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 18:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
許可の判断となる500万円は税込?税抜?

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

主任技術者に登録制度ができそうです。

 

実務経験での主任技術者は、監理技術者資格者証のような仕組みが無いため、許可申請や経営事項審査での証明はし易くなります。

 

ただし、審査する機関は、大変でしょうね。

 


-----------------------------------------------------------
  ≪  許可の判断となる500万円は税込?税抜?  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

建設業でよく聞く数字が、“500万”ではないでしょうか。

 

500万円以上=建設業許可が必要

とご存じの方も多いと思います。

 

この500万円ですが、500万円以下、以上、未満、超と、

混同されている方も多いです。

 

正式には、500万円以上で許可が必要。500万円未満であれば許可不要となります。

 

 

では、消費税はどうするのでしょうか。

 

・・・請負契約の額は、消費税を含めた総額で判断します。

 

よって、消費税込で500万円以上となる場合は、許可が必要です。

(建築一式工事を除く)

 

 

なお、許可を有していない者が、500万円以上となる建設工事を請負うと、当然ながら違法となりますが、同時に請け負わせた建設業者も違法となりますので注意が必要です。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 17:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
建設工事受注までの流れ

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

昨日は茨城県へ申請に行ってきました。

 

毎年数回行きますが、ようやく常磐線特急の乗車の仕方について覚えました(^_^;)

(今までは、その都度調べてました)

 

そして、常磐線特急といえば、個々の座席に電源コンセントがあるのが嬉しいです。

 


-----------------------------------------------------------
       ≪  建設工事受注までの流れ  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

建設工事を受注するにあたっての簡単な流れをまとめます。

抜けているところがあったら要注意です。再確認してみましょう。

 

見積条件の提示

見積依頼は、工事内容、支払条件等、出来る限り具体的に提示して行います。

 

適正な見積期間の設定

下請負人が見積りを行うに足りる期間を設けなければなりません。

 ・500万円未満は、中1日

 ・5,000万円未満は、中10日

 ・5,000万円以上は、中15日以上

 

書面による契約締結

請負契約の締結に当たっては、工事着手前に、契約の内容を明示した書面を作成し、相互に交付します。

 

14項目の記載

請負契約書には、業法で定める14項目を記載します。

 

追加変更契約

追加工事等の発生により、当初の請負契約書に掲げる事項を変更するときは、着工前に書面による契約変更が必要です。

 

不当に低い請負代金

自己の取引上の地位を不当に利用し、通常必要と認められる原価(直接工事費、間接工事費、一般管理費等)に満たない金額で請負契約を締結してはならない。

 

不当な使用材料等の購入強制

下請契約の締結後に、自己の取引上の地位を不当に利用して、使用資材等またはこれらの購入先を指定して下請負人の利益を害してはならない。

 

やり直し工事

下請工事の施工後に、元請負人が下請負人に対して工事のやり直しを依頼する場合は、元下請間で十分な協議を行う必要があります。

 

赤伝処理

元下双方の協議合意が必要です。

元請負人はその内容や差引額の算定根拠について見積条件や契約書に明示しなければなりません。

 

下請代金の支払

注文者から代金の支払を受けた時は、下請負人に対して、1ヶ月以内に、かつ、出来るだけ早く請負代金を支払わなければなりません。

特定建設業者が元請負人である場合、工事目的物の引渡の申出があってから50日以内に、かつ、出来るだけ早く請負代金を支払わなければなりません。

 

割引困難な手形での支払い

特定建設業者は、下請代金の支払を一般の金融期間による割引を受けることが困難と認められる手形により行ってはなりません。

 

帳簿の備付け

建設業者は営業所ごとに、営業に関する事項を記録した帳簿を備え、保存しなければなりません。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
一括下請負の判断基準明確化

こんにちは、行政書士の平賀猛です。
 

10月も後半ですが暖かい日が続いています。

 

東京の10月の平均気温で、20度以上あった年は、

1875年以降、1994年と1998年の2度しかないようです。

 

今年が3度目になるのかもしれません。

 


-----------------------------------------------------------
     ≪  一括下請負の判断基準明確化  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

国土交通省は、一括下請負の判断基準を新たに策定し、元請、下請各々が果たすべき役割を具体的に定めました。

 

これは、実質的に施工に携わらない企業を施工体制から排除し、不要な重層化を回避するためです。

 

 

■元請(発注者から直接請負った者)が果たすべき役割

 

1.施工計画の作成

○請け負った建設工事全体の施工計画書等の作成
○下請負人の作成した施工要領書等の確認
○設計変更等に応じた施工計画書等の修正

 

2.工程管理

○請け負った建設工事全体の進捗確認
○下請負人間の工程調整

 

3.品質管理

○請け負った建設工事全体に関する下請負人からの施工報告の確認、必要に応じた立会確認

 

4.安全管理

○安全確保のための協議組織の設置及び運営、作業場所の巡視等請け負った建設工事全体の労働安全衛生法に基づく措置

 

5.技術的指導

○請け負った建設工事全体における主任技術者の配置等法令遵守や職務遂行の確認
○現場作業に係る実地の総括的技術指導

 

6.その他

○発注者等との協議・調整
○下請負人からの協議事項への判断・対応
○請け負った建設工事全体のコスト管理
○近隣住民への説明

 

 

■下請が果たすべき役割

1.施工計画の作成

○請け負った範囲の建設工事に関する施工要領書等の作成
○下請負人が作成した施工要領書等の確認
○元請負人等からの指示に応じた施工要領書等の修正

 

2.工程管理

○請け負った範囲の建設工事に関する進捗確認

 

3.品質管理

○請け負った範囲の建設工事に関する立会確認(原則)
○元請負人への施工報告

 

4.安全管理

○協議組織への参加、現場巡回への協力等請け負った範囲の建設工事に関する労働安全衛生法に基づく措置

 

5.技術的指導

○請け負った範囲の建設工事に関する作業員の配置等法令遵守
○現場作業に係る実地の技術指導

 

6.その他

○元請負人との協議
○下請負人からの協議事項への判断・対応
○元請負人等の判断を踏まえた現場調整
○請け負った範囲の建設工事に関するコスト管理
○施工確保のための下請負人調整

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0) |