東京都の建設業者に対する指導監督

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

今日の東京は息が白かったです。。

まだ10月なのに、一気に冬になった感じです。

 

ちなみに、雨の日のような湿度が高い方が、息は白くなるそうです。

 


-----------------------------------------------------------
    ≪ 東京都の建設業者に対する指導監督 
-----------------------------------------------------------

 

 

指導監督処分(指示処分、営業停止処分、許可取消処分)の対象となる建設業者は原則下記となります。

 

・東京都知事許可を有する者

・無許可業者で都内で建設工事を施工している者

 

 

対象となる不正行為の例です。意外に身近にあるかもしれません。注意しましょう。

 

・一括下請負を行った場合

・経営事項審査、入札参加資格申請等において虚偽の申請を行った場合

・主任技術者、監理技術者を現場に配置しなかった場合

・公衆または工事関係者に対して事故を起こした場合

・建設工事の施工等に関し建設業法以外の他法令違反を行った場合

・虚偽の施工体制台帳、施工体系図の作成等を行った場合 等

 

元請負人が下請負人に対する指導等を怠ったため、下請負人が不正行為等を行った場合、下請負人のみならず元請負人に対しても指導監督を行うことがあります。

 

不正行為を複数行った場合は、より重い内容の指導監督の対象となります。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 19:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
再下請負通知書の内容

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

このところ細かな字を見ていることが多く、目がちかちかしていたので、

 

目の保養にこちらの動画を見ました。

 

本年度の行政書士ポスターになっている真野恵里菜さんです。

 


-----------------------------------------------------------
      ≪ 再下請負通知書の内容 
-----------------------------------------------------------

 

施工体制台帳の作成が義務付けされた建設工事の下請負人は、元請負人(特定建設業者)に対し、再下請負通知書を提出しなければなりません。

 

再下請負通知書の内容は次の6点です。

 

1.自社に関する事項

2.自社が注文者と締結した建設工事の請負契約に関する事項

3.自社が下請契約を締結した再下請負人に関する事項

4.自社が再下請負人と締結した建設工事の請負契約に関する事項

5.社会保険の加入状況

6.外国人建設就労者の従事の状況

 

※3,4 添付書類(請負契約書写し)に記載されている事項は、再下請負通知書への記載が省略可能です。

 

 

ここでも社会保険加入の項目が入っています。

 

施工体制台帳、経審の評価など未加入者包囲網が着々と張られていますね。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 19:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
一式工事の中に含まれている専門工事の施工

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

毎年、9月中旬までは繁忙期であるため、特別珍しいことではないのですが、今年の9月は特に外勤、外勤...で事務所滞在時間が非常に少ない状態です。

 

おまけに先週は、PCの動きが低調で、週末には、結局、プツッという音ともに止まってしまい、今週もバタバタしてます💦

 

申請書の作成業務には、全く支障は無いのですが、コンサル業務全般に遅れが出ております。

ご迷惑をお掛けしております。

 

ただ、データの復旧作業も昨日完了し、明日には新PCが届く予定となっていますので、来週から本作業ができる予定です。

 

ブログも一週お休みしたのは初めてかもしれません。

今回は、何とか仮PCからアップします。

 


-----------------------------------------------------------
  ≪ 一式工事の中に含まれている専門工事の施工 
-----------------------------------------------------------

 

 

専門工事を請け負う場合は、当然ながら軽微な工事を除き、許可が必要です。

 

では、一式工事の中に、専門工事が含まれている場合、その専門工事についても許可が必要なのでしょうか。

 

 

・・・答えは、許可が無くても大丈夫です。

 

 

実際、どのような方法を執るかというと、

 

次の3択です。

 

 

A)一式工事の監理技術者等が専門工事の主任技術者資格を保有している場合は、兼任する。

 

B)専門工事の主任技術者資格保有者を専門技術者として配置する。

 

C)専門工事の許可保有業者に下請負させる。

 

 

当該専門工事が、軽微な建設工事である場合、これらの義務はありません。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
下請も監督処分の対象?

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

明日から9月です。

今日はすでに秋のような涼しい東京です。

 

今年はほんとに雨の多い8月でしたね雨

 


-----------------------------------------------------------
        ≪ 下請も監督処分の対象? 
-----------------------------------------------------------

 

 

国土交通省は、建設産業での女性入職・定着に関する窓口を設置しています。

 

詳しくは、こちらのポータルサイトをご覧ください。

 

 

さて、先日お受けしたご質問です。

 

下請である当社は許可があるのですが、元請業者が許可を保有していません。

500万円以上の工事契約しても問題ないですか?

また、問題があったとしても下請業者であれば大丈夫ですか?

 

 

率直に「問題ありあり」です。

 

監督処分の対象は、元請に限ったものではありません。

下請も当然ながら対象となります。

 

よって、元請業者だけでなく下請業者も、工事契約前に、許可情報等を確認しておく必要があります。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
現場ごとに置く専任の技術者

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

中央行政事務所は、暦通りの営業です。

お盆休みはありません。

 

開業当初からそのようにしていましたが、

来年はお盆休みの導入を考えています。

 


-----------------------------------------------------------
      ≪ 現場ごとに置く専任の技術者 
-----------------------------------------------------------

 

 

請負代金が3,500万円(建築一式工事は7,000万円)以上の工事については、個人住宅を除き、工事現場ごとに専任の技術者を置かなければなりません。

 

工事現場ごとに専任とは、他の工事現場に係る職務を兼務せず、常時継続的に当該工事に係る職務にのみ従事していることをいいます。

 

よって、通常、営業所の専任技術者との兼任、経営業務管理責任者との兼任は“不可”と考えられています。

 

 

毎年、知らなかった〜というお話を聞きますので、

 

主任技術者等を配置するにあたり、ご注意いただければと思います。

 

 

よいお盆休みをお過ごしください^^


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
指名停止措置は監督処分にあたる?

おはようございます。行政書士の平賀猛です。

 

今週は、梅雨に逆戻りしたような天気が続いています。

 

今月もあと少し、事務所メンバー共々走り回っていますゆう★

 

来月も引き続き繁忙期は続きますぴのこ:)

 


-----------------------------------------------------------
    ≪ 指名停止措置は監督処分にあたる? 
-----------------------------------------------------------

 

 

経審の評点改正が近々行われそうです。

 

その1つがW点。

 

私も以前から疑問に感じていたのですが、最低点0であったのが、マイナス点となりそうです。

 

 

さて、先日お受けしたご質問です。

 

「指名停止措置」は監督処分にあたるのでしょうか?

 

建設業法等の法令に違反すると、監督処分の対象となります。

 

監督処分は、指示処分、営業停止処分、許可取消処分の3種類です。

 

指名停止措置は、省庁や役所等が入札参加資格のある建設業者に対して、一定期間、発注する建設工事の競争入札に参加させないとするものです。

 

これは、各役所等が行う行政上の措置であるため、建設業法の監督処分にはあたりません。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
公共性のある施設、多数の者が利用する施設…

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

大手建設会社では、3年連続で常時従業員が増加、

そして、全国の建設会社の受注高は3年連続増加だそうです。

 

3年連続の増加ってすごいですね。

明るいニュースはいいものです^^

 


-----------------------------------------------------------
   ≪ 公共性のある施設、多数の者が利用する施設… ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

今週いただいたご相談です。

 

公共性のある施設若しくは工作物又は多数の者が利用する施設若しくは工作物に関する工事で、重要な建設工事に配置される監理技術者等は、工事現場ごとに専任の者でならない

・・・とあるので、民間工事は、これに当たらないんですよね?

 

 

■ 公共性のある施設若しくは工作物又は多数の者が利用する施設若しくは工作物とは…

々顱地方公共団体等が発注者である施設又は工作物
鉄道、道路、ダム、上下水道、電気事業用・ガス事業用等の施設又は工作物
3惺察∋務所、百貨店、工場、病院、共同住宅等のように多数の人が利用する施設又は工作物

 

・・・これらはあくまで例示であり、通常は、戸建ての個人住宅を除くほとんどの工事が該当すると考えられています。

 

 

■ 重要な建設工事とは…

工事1件の請負代金の額が3,500万円(建築一式工事の場合は7,000万円)以上の工事です。

 

 

 

上記に該当する工事については、工事現場ごとに専任で監理技術者等を置く必要があります。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
軽微な工事であれば・・・

おはようございます。

行政書士の平賀猛です。

 

この時期はお出かけ日和の良い気候ですね。

 

近所の散歩だけでも気持ち良いです^^

 


-----------------------------------------------------------
       ≪ 軽微な工事であれば・・・ ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

さて、今週いただいたご相談の一部を紹介します。

 

 

Q.同じ許可業種を営業所により一般許可と特定許可に分けて取得することはできますか?

例えば、造園工事業を本社で特定許可、横浜支店で一般許可というように取得するケースです。

 

A.○○でできると聞いたのですがと言われることがまれにありますが、これはできません。

ガイドラインでも「同時に一の建設業につき一般建設業の許可と特定建設業の許可が重複することはあり得ない」とあります。

 

 

Q.すでに保有している許可について、軽微な工事であれば他の営業所でも契約はできますか?

例えば、管工事業を本社でのみ取得しているが、軽微な管工事を横浜支店で契約できるかというようなケースです。

 

A.これもできません。

ガイドラインでは、「許可を受けた業種については軽微な建設工事のみを請け負う場合であっても、届出をしている営業所以外においては当該業種について営業することはできない」とあります。

 

 

これらのご質問は、毎年いただくものです。

特に下段については、建設業の営業においてとても重要となるところですので注意が必要です。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
無許可業者も対象とした規定

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

GWが始まりますね。

 

私は、特に出かける予定もないので、ガーデニングでもしてみようかな...なんて考えています(^_^;)

 


-----------------------------------------------------------
       ≪ 無許可業者も対象とした規定 ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

今週いただいたご相談の中で、建設業の無許可業者については、建設業法の対象になるのでしょうかというのがありました。

 

500万円未満の軽微な工事のみを請負う場合は、建設業許可を得なくても建設業を営むことができますが、無許可業者を対象とした規定は無いのでしょうか。

 

 

無許可業者も対象とした規定には下記のようなものがあります。

 

○ 請負契約を公正に締結し、誠実に履行する義務、書面主義(§18、§19)


○ 一括下請負の禁止(請ける側)(§22◆


○ 指示処分・営業停止(§28↓)

 

○ 不正事実の申告(§30◆

 

○ 報告徴収・立入検査(§31 

 

○ 許可を受けていないにもかかわらず、建設業者であると明らかに誤認される表示の禁止(§40の2)

 

○ 指導・助言・勧告(§41 

 

今後は、技術者の配置、一定の種類の工事業を営む場合の登録制などが検討されています。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
監理技術者等の途中交代

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

許可通知書が届きました!

結果通知書が届きました!

 

一番嬉しい連絡です。

 

今日もいただきました。

ありがとうございます。

 

来週も連絡が届きますように。


-----------------------------------------------------------
       ≪  監理技術者等の途中交代  ≫
-----------------------------------------------------------

 

適正な施工を確保する観点から、監理技術者等の工期途中での交代は原則認められていませんが、

 

例外として、次のような真にやむを得ない場合のみ認められています。

 

死亡、傷病

 

退職

 

受注者の責によらない理由により、工事の中止又は工事内容の大幅な変更が発生し、工期が延長された場合


橋梁、ポンプ、ゲート等の工場製作を含む工事であって、工場から現地へ工事の現場が移行する時点


ダム、トンネル等の大規模な工事で、一つの契約工期が多年に及ぶ場合

 


いずれの場合であっても、発注者と元請業者との協議により、交代の時期は工程上一定の区切りと認められる時点とするほか、交代前後における監理技術者等の技術力が同等以上に確保されることが必要です。

 

また、工事の規模、難易度等に応じ一定期間重複して工事現場に配置するなどの措置をとることにより、工事の継続性、品質確保等に支障がないと発注者に認められなければなりません。


協議においては、発注者からの求めに応じて、元請業者が工事現場に配置する監理技術者等及びその他の技術者の職務分担、本支店等の支援体制等に関する情報を発注者に説明することが重要です。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) |