浄化槽工事業の登録・届出

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

昨日、今日と暑い日が続き、夏服に戻しましたが、

一転、明日からは気温が下がり雨も続くようです。

 

寒さは仕方ないですが、来週も外勤予定が多く入っていますので、雨は続かないでほしい。。

 


-----------------------------------------------------------
       ≪ 浄化槽工事業の登録・届出 
-----------------------------------------------------------

 

 

浄化槽の設置や構造・規模の変更工事を行うには「浄化槽工事業の登録・届出」が必要です。

 

浄化槽工事を受注、施工する前に受けておかなければなりません。

 

建設業許可があっても届出が必要となります。

 

 

■登録

浄化槽工事業を営もうとする者

有効期間は5年間

 

■届出(特定浄化槽工事業者と呼びます)

浄化槽工事業を営もうとする者で、土木・建築・管工事業のいずれかの許可を受けている者

有効期間は、建設業許可を有している間

 

 

実際に工事を行おうとする区域を管轄する都道府県ごとに登録・届出が必要となりますので注意してください。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 18:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
一人親方と労災保険

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

桜も咲き、暖かくなってきたのは良いことですが、

今週は、通勤がキツかったです〜

 

満員電車が、超満員電車になっています。。

ホーム上も行列ですしね。

 

車両をもう1両増やせないのかなぁ・・・

なんて考えてしまいます(^_^;)

 


-----------------------------------------------------------
        ≪  一人親方と労災保険  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

一人親方とは、簡単に言うと労働者を雇用せずに事業を行っている方です。

 

個人事業主、その家族従事者、法人の代表者等の役員が該当します。

 

労災保険は、従業員の業務災害や通勤災害を対象としていますので、従業員ではない一人親方は対象から外れることになります。

 

でも、実際は労働者に近い立場ですよねぇ・・・

 

 

そこで、労災保険の特別加入をすることにより、加入することができるようになっています。

 

実際、現場でも、労災保険の対象とならないわけですから、加入するよう促されることも少なくないようです。

 

 

特別加入の手続きは、従業員の労災保険加入のようにはいかず、特別加入の団体を事業主とみなし、加入することになります。

 

ということは、特別加入手続きを行える団体の構成員となる必要があるわけです。

 

 

中央行政では、ご相談いただいた場合、団体や社労士さんをご紹介しています。

 

加入をご希望の場合はご連絡ください。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
建設リサイクル法と浄化槽法

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

2007年3月にこのブログを始めて、今月で10年になりました!

 

あっという間ですね〜

 

これもひとえに皆さまのおかげと感謝しております。

ご覧いただく方がいなければとっくに止めてますので(^_^;)

 

ありがとうございます。

 

2027年には、20年になりました!

とお伝えできることを願って。

 

あらためて、今後とも宜しくお願いいたします!

 


-----------------------------------------------------------
    ≪  建設リサイクル法と浄化槽法  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

建設業許可以外で登録しておかなければならないものってありますか?

というご質問をたまに受けます。

 

幾つかあるのですが、今回は建設工事と関係が深い2つの登録について簡単にまとめてみます。

 

 

■建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律

 

軽微な建設工事のみを請け負う者であっても解体工事を請け負う場合は「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」(建設リサイクル法)による解体工事業を営む者として、都道府県知事の登録を受ける必要があります。


土木工事業、建築工事業又は解体工事業について建設業の許可を受けている場合は、建設リサイクル法による知事登録を受ける必要はありません。

 

 

 

■浄化槽法


軽微な建設工事のみを請け負う者であっても浄化槽工事を行う場合は「浄化槽法」による浄化槽工事業を営む者として、業を行おうとする区域を管轄する都道府県知事の登録が必要になります。


土木工事業、建築工事業又は管工事業について建設業の許可を受けている場合は、浄化槽法による登録の必要はありません。

ただし、特例浄化槽工事業の届出は必要になります。
 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 19:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
指定給水装置工事事業者制度の更新制導入

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

毎年のことですが、7月末に近づくにつれ業務量が増えていきます。

決算は、やはり3月末のお客さまが最も多いためです。

 

新規許可申請等も同時進行していきますので、

7月は、バタバタです^^;



-----------------------------------------------------------
  ≪  指定給水装置工事事業者制度の更新制導入  ≫
-----------------------------------------------------------

 


先日、指定給水装置工事事業者制度の更新制が導入されるという報道がありました。

 

指定工事事業者の所在連絡が取れない、無届工事や不良工事といったトラブルが寄せられているようです。

 

 

指定給水装置工事制度検討会が出している更新制導入の対策案をみておきましょう。

 

・指定工事事業者の指定に一定の有効期間を設け、一定年で更新しなければ失効するものとする。


・指定の更新は、指定工事事業者の申請により行い、水道事業者は、水道法に規定する指定の基準(選任する主任技術者、工具類の保有、欠格条項)について確認する。


・更新の申請に併せて、配管技能者の従事状況、主任技術者等の研修機会の確保状況等の事業運営基準に規定される事項を確認し、さらには配管技能者の資格、指定工事事業者の講習会受講状況、修繕対応の可否等の情報について届出を求めることも考える。

 

 


◆期待される効果


指定工事事業者制度への更新制の導入により、水道事業者は指定工事事業者の事業実態を定期的に把握でき、指導や監督が行いやすい環境となる。また、これまで難しかった不明工事事業者の排除を自動的に行える。


さらに、水道事業者が指定工事事業者の各種情報や実態を把握することで、指定工事事業者側の意識向上にもつながり、違反行為や苦情の減少が期待される。

 

 


◆考慮する点


(数の水道事業者から指定を受けている工事事業者の取扱いを含め、事務手続きや更新手数料の軽減、申請様式の統一などを検討
(課題解決の方向性)
(1)指定工事事業者制度への更新制の導入
(2)適切な配管技能者の適正な配置の促進
(3)主任技術者の講習会受講の促進
(4)指定工事事業者講習会の実施の促進
(5)処分環境の整備
(6)水道利用者への情報提供の充実

 

更新事務の平準化を考慮した既存指定工事事業者の更新の進め方の検討


4に更新制を導入している下水道事業等を参考とした負担軽減方法の検討
・各確認事項の具体的確認内容と方法の検討
・制度設計等の検討期間や周知・準備期間が必要

 

 



いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 19:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
出向は労働者派遣になる?

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

行政書士会のゆるキャラである“ユキマサくん(猫)”が

ゆるキャラグランプリにエントリーしたそうです。

 

ご興味が少しでもある方はコチラをどうぞ。

 

上位にランクインするといいなぁ^^



-----------------------------------------------------------
    ≪  出向と労働者派遣になる?  ≫
-----------------------------------------------------------


今週ご相談いただいた内容です。

 

出向とは、出向元事業主と何らかの関係を維持しながら、出向先事業主との間において、新たな雇用契約関係に基づき、相当期間継続的に勤務する形態です。

 

出向元事業主との関係から、〆濱匏申亳と移籍型出向の2つに分けられます。

 

在籍型出向

出向元と出向先の二重に雇用関係が成立します。

よって、労働者派遣には該当しません。

ただし、形態として労働供給に該当し、“業として行う”場合は職業安定法違反となります。

 

移籍型出向

出向元事業主との雇用契約関係は終了しており、労働者派遣には該当しません。

ただし、“業として行う”場合には、職業紹介事業に該当する場合もあります。

 

 

この“業として行う”の判断ですが、次のような目的を有している場合には、社会通念上、業として行われていると判断し得るものは少ないと考えられています。

顱 労働者を離職させず関係会社において雇用機会を確保する

髻 経営指導、技術指導のために行う

鵝 職業能力開発の一環として行う

堯 企業グループ内の人事交流の一環として行う




いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 17:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
歩切りとは?
こんにちは、行政書士の平賀猛です。

暖かい日が続いていますね。

5月は、外勤するにはとても良い気候です。
来月以降になると、汗だくですね^^;



-----------------------------------------------------------
          ≪  歩切りとは?  
-----------------------------------------------------------


品確法の改正で「歩切り」による予定価格の切り下げが違反となり、すべての自治体で廃止されました。


そもそも「歩切り」とはどのような行為をいうのでしょうか?


市場の実勢等を的確に反映した積算を行うことをにより算定した設計書金額(実際の施工に要する通常妥当な工事費用)の一部を予定価格の設定段階で控除する行為をいいます。


歩切りを行って決定した予定価格の範囲内での入札を実質的に強いるようなことは、建設業法に違反するおそれがあります。
(「歩切り」を行って決定した予定価格による入札辞退者にペナルティを課すなど)


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛

----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 

http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------
| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
建設常傭作業員の労務提供
こんにちは、行政書士の平賀猛です。

今日はまだ暖かかったものの今週から寒さを感じるようになりました。

事務所内では、昼間は太陽の光が入ってくるので、28度から29度まで上がるのですが、夜はシャツだけでは寒いくらいです。

10月までは、寒いと言うことがない月であってほしいです^^;


-----------------------------------------------------------
     ≪  建設常傭作業員の労務提供  
-----------------------------------------------------------


建設現場に労務を提供する場合、建設工事に該当する?しない?
こんなご質問を毎年いただきます。


建設業法第24条では「委託その他いかなる名義をもってするかを問わず、報酬を得て建設業の完成を目的として締結する契約は、建設工事の請負契約とみなす」とあります。

よって、単なる労務の提供であれば、請負契約にあたりませんが、建設工事の完成を請け負わせる場合には請負契約にあたります。


ということは、常傭作業員として他の建設会社の現場に派遣する場合は、単なる労務の提供でOKですね。

いえいえ、そう簡単には片づけられません。

この労務の提供を請負契約で行わない場合は、労働者派遣法違反に該当する可能性があるためです。


労働者派遣法では「自己の雇用する労働者を当該雇用関係の下に、かつ、他人の指揮命令を受けて、当該他人のために労働に従事させること」と規定されています。

しかし、建設業務(土木、建築その他工作物の建設、改造、保存、修理、変更、破壊もしくは解体の作業またはこれらの作業の準備の作業に係る業務)は、労働者派遣業の適用除外業務として規定されているため、請負契約で行わない場合は、労働者派遣法違反となる可能性があるのです。



いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------
| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
建築士事務所の登録とは?
こんにちは、行政書士の平賀猛です。

お盆休み真っ只中ですが、昨日も本日もお客様とお打合せしています。

お客様をみていると、お盆休みといっても交代制のところが多く、一斉休暇は年々少なくなっている感じがしますね。

弊事務所としては、お盆くらい休まないとと考えています。
来年こそは^^;



-----------------------------------------------------------
       ≪ 建築士事務所登の登録とは? 
-----------------------------------------------------------


建設業許可とともに登録されているところも多い「建築士事務所登録」について

どのような場合に登録を受けなければいけないのでしょうか。

他人の求めに応じ報酬を得て、設計等を行うことを業として行おうとする建築士の方
建築士を使用して、他人の求めに応じ報酬を得て、設計等を行うことを業して行おうとする方

※ 設計等とは、建築物の設計、建築物の工事監理、建築工事契約に関する事務、建築工事の指導監督、建築物に関する調査または鑑定、建築に関する法令または条例に基づく手続きの代理の業務をいいます。

ちなみに、建設業者が請負の一環として事実上の設計等を業として行う場合は、建設業許可のほかに、建築士事務所の登録が必要です。


■ここでちょっとお知らせです。
東京都の建築士事務所登録手数料が、平成27年10月1日以降の申請受付分より値上げされます。

一級建築士事務所登録手数料 17,000円 ⇒ 18,500円
二級、木造建築士事務所手数料 12,000円 ⇒ 13,500円




いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 

http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------
| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 19:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
建設工事から排出される産業廃棄物の処理
こんにちは、行政書士の平賀猛です。

最近「何が何でも許可を取らないといけない」といったご相談が増えています。

話を伺っていると、許可が必要ないケースも結構あります。

建設業の許可がそれほど、営業活動に関わってきている、信用されている、認知されている?証だと思います。

そして、やっとの思いで取得した許可も、取得したらそれで終わりではありません。

中央行政事務所では、許可後も含めてアドバイスさせていただいております。



-----------------------------------------------------------
      ≪ 建設工事から排出される産業廃棄物の処理 
-----------------------------------------------------------


建設工事から排出する廃棄物は、元請業者が自ら処理するか、その運搬や処分を産業廃棄物許可業者等に処理委託しなければなりません。

よって、下請業者が、廃棄物を運搬、処分するには産業廃棄物収集運搬業の許可を有し、元請業者と委託契約を結ぶ必要があります。

ただし、一定の要件を満たす場合には、下請業者を事業者とみなし、産業廃棄物収集運搬業の許可なく運搬することができます。

その要件とは、

・請負代金が500万円以下の解体、新築、増築工事以外の建設工事(維持修繕工事)で、特別管理廃棄物ではないこと。

・一回当たりに運搬される量が1㎥以下であること。

・個別の建設工事にかかる書面による請負契約で下請負業者が運搬を行うことが定められていること。

等々、一定の要件をすべて満たす必要があります。

個別の書面契約に記載されていますか?
許可が無い場合は、再度、契約書を見直してみましょう。



いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 

http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------
| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 19:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
平成27年6月25日施行 改正建築士法
こんにちは、行政書士の平賀猛です。

梅雨入りはしていますが、今のところそんな感じはあまりしません。

この時季の外勤は、蒸す・暑さ・雨とキツいので、出来る限り晴れ間を見つけて動いてます。

さて、本日は夜まで来客がありますので、時間内でのブログアップです。



-----------------------------------------------------------
      ≪ 平成27年6月25日施行 改正建築士法 
-----------------------------------------------------------


改正建築士法が平成27年6月25日に施行されます。
目的は、建築士事務所の責任の明確化と、建築士の情報開示です。

主な内容は次のとおりです。

延べ面積が300屬鯆兇┐觀築物について、書面による契約締結の義務化

 延べ面積が300屬鯆兇┐觀築物について、一括再委託の禁止

業務報酬基準に準拠した契約締結の努力義務化

建築主からの求めに応じた免許証提示の義務化

延べ面積2,000屬鯆兇┐觀築物の建築設備について建築設備士の意見を聴くことを努力義務化

建築士事務所の所属建築士を変更した場合の届出義務化


※ 読み込んでいくと細かな内容も多いので、中央行政のお客さまには、分かりやすく詳細にご案内いたします。



いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 

http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------
| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) |