建設業許可不要の工事でも登録?

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

東京は、梅雨らしい天気が続いています。

 

週間予報を見て、晴れマークがないのは寂しいものですね。

 


-----------------------------------------------------------
     ≪ 建設業許可不要の工事でも登録? ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

「今後、500万円以上の工事を請負う予定は無いため、建設業許可を廃業しようと思いますが問題ありますか?」

 

というご相談を毎年いただきます。

 

建設業法以外で特に問題ないようであれば、建設関連の法も見ておく必要があります。

 

 

軽微な建設⼯事のみを請け負う者であっても、解体⼯事を請け負う場合は建設リサイクル法による解体⼯事業を営む者として、都道府県知事の登録を受ける必要があります。

 

※⼟⽊⼯事業、建築⼯事業⼜は解体⼯事業について建設業の許可を受けている場合は、登録不要です。

 

 

軽微な建設⼯事のみを請け負う者であっても、浄化槽⼯事を⾏う場合は浄化槽法による浄化槽⼯事業を営む者として、業を⾏おうとする区域を管轄する都道府県知事の登録が必要になります。

 

※⼟⽊⼯事業、建築⼯事業⼜は管⼯事業について建設業の許可を受けている場合は、浄化槽法による登録の必要はありませんが、特例浄化槽⼯事業の届出が必要になります。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------

建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
建設業者と警備業者との取引実態調査

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

今月は、許可申請の多かった月でしたが、

来月は、今のところ、お打合せの多い月となりそうです。

 

ちなみに7月は、書類作成、打合せ、申請とすべてが多い月となります。

 


-----------------------------------------------------------
   ≪ 建設業者と警備業者との取引実態調査 ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

建設業者と警備業者との取引実態調査の結果が公表されました。

 

■取引において問題となり得る行為の状況

最も多かったのが、不当な給付内容の変更です。

発注がキャンセルされたが、人材確保等に要した費用が支払われなかった。追加変更等の契約を行っていない等です。

 

■警備料金の決定方法

警備業者の契約交渉の相手方は、約4割が現場監督でした。

見積書は9割以上の取引先に提出して契約しています。

 

■契約内容

警備業者は、約6割の取引先との間で、警備業務を行う日を発注者の指定する日としています。

警備業者は、約6割の取引先との間において、警備計画の確定時期を「前日まで」又は「定めていない」としています(建設業者は、約6割の取引先との間)

 

調査結果を踏まえ、国土交通省では、警備業における適正取引を推進する取組について

 

警備業者と建設業者が契約内容を明確化し、取引上の課題を解決するため、(一社)全国警備業協会において見積関係書類記載例を作成しています。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------

建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
電気工事業法でいう電気工事とは?

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

オリンピックの申込み期限が迫っていますが、何もしていません。

 

というのも、7/末から8月は、1年でも1,2を争う繁忙期なためです。

 

観戦することができるのかなぁ...と考えています。

 


-----------------------------------------------------------
   ≪ 電気工事業法でいう電気工事とは? ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

電気工事業法でいう電気工事とは、一般用電気工作物または自家用電気工作物を設置し、又は変更する工事をいいます。

 

ただし、政令で定める軽微な工事や家庭用電気機械器具の販売に付随して行う工事は除くと規定されています。

 

 

政令で定める軽微な工事とは具体的にどのような工事なのでしょうか。

 

電圧600V以下で使用する差込み接続器、ねじ込み接続器、ソケット、ローゼットその他の接続器又は電圧600V以下で使用するナイフスイッチ、カットアウトスイッチ、スナップスイッチその他の開閉器にコード又はキャブタイヤケーブルを接続する工事

 

 電圧600V以下で使用する電気機器(配線器具を除く。以下同じ。)又は電圧600V以下で使用する蓄電池の端子に電線(コード、キャブタイヤケーブル及びケーブルを含む。以下同じ。)をねじ止めする工事

 

電圧600V以下で使用する電力量計若しくは電流制限器又はヒューズを取り付け、又は取り外す工事

 

 電鈴、インターホーン、火災感知器、豆電球その他これらに類する施設に使用する小型変圧器(二次電圧が36V以下のものに限る。)の二次側の配線工事

 

 電線を支持する柱、腕木その他これらに類する工作物を設置し、又は変更する工事

 

 地中電線用の暗渠又は管を設置し、又は変更する工事

 

上記の工事は、電気工事士法、電気工事業法に規定する電気工事には該当しません。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------

建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 18:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
電気工事業者の標識掲示

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

長かったGW10連休もあっという間でした〜

 

期間中、6か所(ということは6日間)近場の公園へ遊びに行きましたが、意外に人が多かったです。

 

公園の有難さを感じた連休でした^^

 


-----------------------------------------------------------
     ≪ 電気工事業者の標識掲示 ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

電気工事業者も建設業許可と同じく、営業所および電気工事の施工場所ごとに、一定の内容を記載した標識を掲げなければなりません。

 

建設業許可はよく見ますが、電気工事業者登録は掲げていないところも結構あるのではないでしょうか。

 

 

電気工事業者登録の標識で注意すべき点は、種類が4つあることです。

 

■登録電気工事業者

「登録電気工事業者登録票」

 

■みなし登録電気工事業者

「登録電気工事業者届出済票」

 

■通知電気工事業者

「通知電気工事業者通知票」

 

■みなし通知電気工事業者

「通知電気工事業者通知済票」

 

まるで間違い探しをしているような気になりますが、

掲げる標識を確認して作成するようにしましょう。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------

建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 16:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
建設業法と電気工事業法の「営業所」

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

昨日蒸し暑かった東京は、今日は寒いです〜

事務所内も暖房入れてます。

 

明日からの10連休の天気が気になるところですが、

せっかくの超大型連休なので、有意義に過ごしたいですね^^

 


-----------------------------------------------------------
   ≪ 建設業法と電気工事業法の「営業所」 ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

電気工事業者以外は、あまり関係無いと思いますが、

建設業法の営業所と、電気工事業法の営業所の定義を比べてみたいと思います。

 

 

〇 建設業の営業所

 

常時建設工事の請負契約の見積、入札、契約の締結を行う事務所

 

他の営業所に対して請負契約に関する指導監督を行うなど、建設業に係る営業に実質的に関与する場合も該当します。

 

 

〇 電気工事業の営業所

 

電気工事の施工の管理を行う店舗

 

実態として、電気工事の施工に関する管理業務を行っていれば、営業所に該当します。

 

よって、電気工事の契約の締結、経営管理等のみを行い、具体的な電気工事の施工に関する管理をすべて下部組織等に行わせているような本店等は、営業所に該当しません。

 

 

営業所と一口に言っても、定義が異なりますので、支店や営業所が多くある企業にとっては、どの営業所で許可、登録するかを確認しておく必要がありますね。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------

建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 18:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
下請法と建設工事

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

中央行政ブログでは、原則、毎週木曜日にアップすることにしています。

 

ただし、今月は1度も原則どおりにアップできませんでした...

 

年末は、やはりバタバタしますね💦

 


-----------------------------------------------------------
      ≪ 下請法と建設工事 ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

下請法と建設業について、ご相談をいただくことがありますので、簡単にまとめます。

 

下請法の規制対象となる取引に「役務提供委託」があります。

 

各種サービスの提供を行う事業者が、請負った役務の提供を他の事業者に委託することをいいますが、

 

この役務に建設工事は含まれるかというものです。

 

 

下請法には、建設業法に規定される建設業を営む者が業として請け負う建設工事は含まれません。

 

これは、建設工事の下請負については、建設業法において類似の規定が置かれており、

 

下請事業者の保護が別途図られているためです。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
電気工事業者の登録について

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

先週から、中央行政事務所15年目のスタートを切りました。

 

その間、どれだけ多くの方とお会いしたことでしょう。

1,000は軽く超えていますね。皆様に感謝感謝です。

 

15年目もどうぞ宜しくお願いいたします。

 


-----------------------------------------------------------
    ≪ 電気工事業者の登録について ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

最近、お問い合わせが増えています。

ちょっとややこしいので、ごくごく簡単に確認しておきます。

 

 

◆電気工事士法

・一般用電気工作物(600V以下の電圧で受電し、その同一構内で電気を使用する電気工作物)

・自家用電気工作物(電気事業法に規程するうち最大500㎾未満の需要設備)

・特殊電気工事(自家用電気工作物のうちネオン・非常用予備発電装置)

・簡易電気工事(自家用電気工作物のうち600V以下の部分の電気工作物)

 

⇒ 一般用電気工作物に係る電気工事(第一種または第二種電気工事士免状)

⇒ 自家用電気工作物に係る電気工事(第一種電気工事士)

⇒ 自家用電気工作物に係る特殊電気工事(特殊電気工事資格者認定証)

⇒ 自家用電気工作物に係る簡易電気工事(第一種電気工事または認定電気工事従事者認定証)

 

 

◆電気工事業法・電気事業法

・登録(知事または大臣)

⇒ 主任電気工事士の設置(一般用の業務を行う営業所ごとに第一種、第二種電気工事士)

⇒ 器具の備え付け

⇒ 標識の掲示

⇒ 帳簿の備付け

 

・電気工作物のうち一般用電気工作物

・電気工作物のうち事業用電気工作物で、自家用電気工作物(最大電力500㎾未満の需要設備)

⇒ 一般用 ⇒ 建設業許可なし ⇒ 登録電気工事業者

⇒ 一般用および自家用 ⇒ 建設業許可あり ⇒ みなし登録電気工事業者

⇒ 自家用 ⇒ 建設業許可なし ⇒ 通知電気工事業者

⇒ 自家用 ⇒ 建設業許可あり ⇒ みなし通知電気工事業者

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 14:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
建築士定期講習

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

昨日、東京は梅雨入りしました。

 

雨が続くと、「晴天」というのは素晴らしいですね。

気分が違います。

 

水色(空色)って、良い色だなぁと感じる最近です。

 


-----------------------------------------------------------
             ≪  建築士定期講習  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

建築士事務所の年次業務報告を作成しているときに、

所属建築士の方の定期講習日を確認します。

 

中には、受講していなかったり、期限が過ぎていたり

というのを見掛けることがあります。

 

そこで、建築士の定期講習について簡単にまとめておきます。

 

・定期講習は、3年度ごとに受講しなければなりません。

 

・受講期限内に受講しない場合は、戒告または2か月間の業務停止処分の対象となります。

 

・構造・設備設計一級建築士は、構造設計一級建築士定期講習、設備設計一級建築士定期講習を3年度ごとに受講しなければなりません。

 

・受講義務があるのは、建築士事務所の所属建築士です。

構造・設備設計一級建築士は、建築士事務所所属の有無に関わらずに受講義務があります。

 

・登録講習機関一覧http://www.mlit.go.jp/common/000166907.pdf

 

・考査修了者に定期講習修了証が交付されます。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
建築士の設計・工事監理の範囲

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

昨日は定期健診でした。

毎年、業務的に余裕のある5月に受けています。

 

今年は、胃バリウム検査を止め、内視鏡検査をすることにしました。

大腸もしたいのですが、事前準備がちょっと大変なので...

 

年齢的に、毎年、カメラにしていこうかと考えています。

 


-----------------------------------------------------------
            ≪  建築士の設計・工事監理の範囲  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

建築士の設計範囲について、たまにご質問をいただきますので簡単にまとめてみます。

 

【建築士の設計・工事監理の範囲】

 

■一級建築士

・すべての建物の設計・工事監理ができます。

 

■二級建築士

・1〜3階建て、延べ面積500岼焚爾量畋

※一般建築物(特殊建築物を除く)は、1 階建てはすべて、2 〜 3 階建ては1000 岼焚

・1〜3階建て、延べ面積300岼焚爾裡劭叩鉄骨造等

 

■木造建築士

・1〜2階建て、延べ面積300岼焚爾量畋

・1〜2階建て、延べ面積300岼焚爾裡劭叩鉄骨造等

 

■資格不要

・1〜2階建て、延べ面積100岼焚爾量畋

・1〜2階建て、延べ面積30岼焚爾裡劭叩鉄骨造等

 

※上記の建物は、高さ13m以下、軒高9m以下の制限あり。

 

 

建築基準法では、建築士法において建築士でなければ設計ができない工事については、建築士を工事監理者に定めることが求められています。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
電気工事業者の営業所増設

おはようございます。

行政書士の平賀猛です。

 

雪の出勤となりました。

 

さて、本日、2月22日は行政書士記念日です。

 

昭和26年2月22日に行政書士法が公布されたことにちなんでいます。

 

先日、平成29年度の行政書士試験の合格発表があり、合格率は15.7%でした。

最近の合格率は高いですね〜

 

ただし、受験者数は年々減少しており、

平成22年度と比べると3万人以上減りました。

 

この合格率を見て、平成30年度は受験者数が増えるかもしれませんね。

 


-----------------------------------------------------------
       ≪  電気工事業者の営業所増設   ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

電気工事業を営む方は、電気工事業登録をされていることも多いと思います。

 

営業所を増設し、その営業所でも電気工事業を行う場合は、どのような登録になるのでしょうか?

 

登録済みの都道府県内にのみ営業所を増設する場合は、変更手続きが必要です。

 

登録済みの都道府県外に営業所を増設する場合は、登録の所管が都道府県知事から経済産業大臣に変更となります。

 

よって、経済産業大臣に手続きを行った後、都道府県知事に電気工事業廃止届出(通知)の手続きが必要です。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) |