建設業の安全衛生管理体制
建設業では、請負が数次にわたることが多く、事業場ごとに安全衛生管理体制を作り、運営していくことが必要となります。

常時50人以上(橋梁の建設工事やトンネル工事等は30人以上)の労働者が作業する事業場において、元請業者は『統括安全衛生責任者』を選任しなければなりません。

『統括安全衛生責任者』は、事業場を統括管理する者から選任し、作業場間の巡視、連絡や調整、協議組織の運営等を行います。

また、元請業者は、この『統括安全衛生責任者』を補佐し、技術的事項を管理する事業場専属の『元方安全衛生管理者』も選任しなければなりません。

選任したしたときは、遅滞なく所轄労働基準監督署長への報告義務があります。

下請業者は、『統括安全衛生責任者』との連絡に当たらせる『安全衛生責任者』を選任し、その旨を元請業者に通報しなければなりません。


建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 http://www.chuogyosei.com/ 

| 中央行政事務所 | 安全管理 | 17:16 | comments(0) | trackbacks(0) |