入札参加資格のための経営事項審査

こんにちは、行政書士の平賀猛です。
 

今週からパートさんに書類作成のお手伝いをお願いしています。

 

建設業許可、経営事項審査、入札参加資格審査・・・と

聞きなれない文言ばかりだと思いますが、

 

そのなかでも「経営事項審査・入札参加資格審査申請」について

簡単に説明したいと思います。

 


-----------------------------------------------------------
     ≪  入札参加資格のための経営事項審査  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

国、地方公共団体などが発注する公共工事を直接請け負おうとする場合には、必ず受けなければならない審査が経営事項審査です。

よって、ゼネコンも当然ながら受けています。

 

公共工事の各発注機関は、競争入札に参加しようとする建設業者について、経営事項審査を受けた後、発注機関ごとに入札資格審査を行うこととされています。

 

この入札資格審査にあたっては、欠格要件に該当しないかを審査したうえで、「客観的事項」と「発注者別評価」の審査結果を点数化して順位・格付けが行われます。

 

このうちの「客観的事項」にあたる審査が「経営事項審査」です。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 経営事項審査 | 09:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
解体工事施工技士等 経審技術職員の加点について

こんにちは、行政書士の平賀猛です。
 

8月に入ると、3月決算に加えて、4月決算のお客さまが加わります。

 

今月も引き続きバタバタです^^;



-----------------------------------------------------------
 ≪ 解体工事施工技士等 経審技術職員の加点について  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

「建設業法第二十七条の二十三第三項の経営事項審査の項目及び基準を定める件の一部改正」により、登録基礎ぐい工事試験及び登録解体工事試験に合格した方は、技術職員として加点されることとなりました。



■「登録基礎ぐい工事試験」合格者
日本基礎建設協会及びコンクリートパイル建設技術協会の行った平成27年度の基礎施工士検定試験に合格した方については、とび・土工工事に係る一般建設業の主任技術者要件の一つに位置づけられたことから、経営事項審査においても、加点対象となります。

 


■「登録解体工事試験」合格者
全国解体工事業団体連合会の行った平成17年度までの解体工事施工技士資格試験及び平成27年度までの解体工事施工技士試験については、解体工事に係る一般建設業の主任技術者要件の一つに位置づけられたことから、経営事項審査においても、加点対象となります。

 


■再審査申請について
今回の経営事項審査の審査基準の改正により、改正前の評価方法に基づく経営規模等評価の結果の通知を受けた建設業者については、許可行政庁に対し、以下のとおり再審査を申し立てることができます。


〆匿該鎖柔舛梁仂
再審査申請日において、「経営規模等評価結果通知書・総合評定値通知書」の審査基準日から1年7ヶ月以内であること。


∈匿該鎖柔舛亮付期間
平成28年8月1日(月)から平成28年11月28日(月)までの120日間
(各都県により曜日設定等を行っている場合がありますので、各都県にご確認下さい。)

 



いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 経営事項審査 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
登録機関技能者講習機関

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

晴れ、雷雨と今日は忙しい空模様です。

まあ夏らしいという感じではありますが。

 

今夏、今秋、今冬と、公私共々、繁忙を極めていそうなので、

体力がつくものでも食べたいなと考えている今日此の頃です。



-----------------------------------------------------------
     ≪  登録基幹技能者講習機関  ≫
-----------------------------------------------------------

 


「登録基幹技能者」って何ですか?どこで講習を受ければいいですか?
経営事項審査前にご質問を受けることがあります。

 

国土交通省では、基幹技能者を熟達した技能を有し、かつ、安全管理・品質管理・原価管理・工程管理等のマネジメントができ、現場の責任施行を担うことができる、いわば上級職長としています。

 

工事現場において基幹的な役割を担うために必要な技能に関する講習を修了した者を経営事項審査では、加点評価の対象としています。

 

登録基幹技能者講習を実施している機関はコチラをご覧ください。

 




いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 経営事項審査 | 19:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
解体工事業追加に係る経営事項審査について
こんにちは、行政書士の平賀猛です。

昨日今日と、経営業務管理責任者の要件確認に走り回りました。

古い謄本は、現地でしか取得できないため大変です。

候補者の職歴、会社の許可、登記とすべて調べ、要件を満たしているかを確認します。

経営業務管理責任者の要件は、今後、緩和される予定なので、建設業許可を希望されている方にとっては、“早く発表を!”といったところではないでしょうか。



-----------------------------------------------------------
   ≪  解体工事業追加に係る経営事項審査について  
-----------------------------------------------------------


平成28年6月1日施行予定の「解体工事業」について、経営事項審査でも経過措置が設けられるようです。

※施行日時点でとび・土工工事業の許可を受けて解体工事業を営んでいる建設業者は、引き続き3年間は解体工事業の許可を受けずに解体工事を施工することができます。

解体工事業の経審では、次の審査項目について申請します。
解体工事の完成工事高
解体工事の元請完成工事高
解体工事の技術職員数

改正法施行後の許可区分における「とび・土工工事業」、「解体工事業」の総合評定値に加え、「改正法施行以前の許可区分によるとび・土工工事業」の総合評定値を算出し、通知されます。

また、「とび・土工工事業」および「解体工事業」の技術職員については、双方を申請しても1の業種とみなすこととします。
※通常、技術職員1人につき申請できる建設業の種類は2種類となっています。

よって、とび土工工事、解体工事、○○工事と3種類の選択が可能となります。

完成工事高、技術職員名簿と、また様式変更があるかもしれませんね。




いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 

http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------
| 中央行政事務所 | 経営事項審査 | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
業法の認識度を高める
こんにちは、行政書士の平賀猛です。

毎週、休日出勤しています。

通常は、9月中旬くらいに業務が落ち着くのですが、今年は数年ぶりに年内いっぱい落ち着きそうにありません。

そのまま年明けして、落ち着くのは3月に入ってからでしょうか。

来年に向けて事務所員を増やすことを検討中です。



-----------------------------------------------------------
          ≪  業法の認識度を高める  
-----------------------------------------------------------


さて、今月も「官庁工事を取りたい」というご相談をいただいています。

まずは、全国共通の「経営事項審査」を受けなければなりませんが、

この審査、受けている会社と受けていない会社では、建設業法に対する認識度が断然違います。

当然ながら、受けている会社の方が高いです。一般的に。


業法の認識は、建設業の許可を取得すれば身に付くということでも残念ながらありません。

許可を取得するための法はわかっても、工事を施工するうえでの法もあるためです。


では、どうやって業法を勉強したらよいのでしょうか。小難しい本を読み漁らないとダメなのでしょうか?

冒頭にも書きましたが、経営事項審査をあえて一度受けてみるのが良いかもしれません。


もちろん、すべてではありませんが受けることによって、否が応でも基礎を知ることが出きます。


許可、変更、契約の仕方、技術者、資格 等々

まあ、審査で粗が出る可能性もありますけど。。
出さないと先に進めませんからね。

ちょっと面倒な作業でもあるので、まずは、専門の方を見つけて、二人三脚で始めてみることをおすすめします^^




いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 

http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------
| 中央行政事務所 | 経営事項審査 | 19:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
国土交通省 入札参加資格の再認定について
こんにちは、行政書士の平賀猛です。

今週は1日中(午前、午後とも)、予定が埋まっている週です。

体調と頭の中を整理していかないといけません^^;



-----------------------------------------------------------
     ≪ 国土交通省 入札参加資格の再認定について 
-----------------------------------------------------------


平成27年4月1日より施行される経営事項審査の審査基準改正により、4月から経営事項審査の再審査の受付が始まります。

国土交通省は、その再審査後の経営規模等評価結果通知書にて再認定の受付を行います。

対象は、平成27・28年度の入札参加資格認定を受けている方です。

【再認定の受付期間】
平成27年4月1日から平成27年9月30日まで。

認定日は、申請書受理日から1ヶ月〜1ヶ月半程度です。


ちなみに、東京都の経審再審査は、平成27年4月6日〜平成27年7月28日までの受付となります。


すでに競争参加資格の確認又は指名通知を受けている場合、

当該入札案件の開札日までの間に再認定を受け、等級が変わり、入札参加資格を満たさなくなったときは、当該入札参加資格を失ってしまいますので注意が必要です。




いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 

http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------
| 中央行政事務所 | 経営事項審査 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
登録基幹技能者制度
こんにちは、行政書士の平賀猛です。

今日は寒い1日です。
明日は都内も降雪があるようです。

さて、解体工事の専任技術者の資格要件が夏頃に結論が出るそうです。
お客さまからもよく聞かれますので、決定した資格は人気が出るでしょうね。



-----------------------------------------------------------
          ≪ 登録基幹技能者制度 
-----------------------------------------------------------


基幹技能者とは、発達した作業能力と豊富な知識を持つとともに、現場をまとめ、効率的に作業を進めるためのマネジメント能力に優れた専門工事業団体の資格認定を受けた者をいいます。

現在、登録基幹技能者の種類は、33あります。
 ・電気
 ・橋梁
 ・造園
 ・コンクリート
 ・防水
 ・トンネル
 ・建設塗装
 ・左官
 ・機械土工
 ・海上起重
 ・プレストレスト・コンクリート
 ・鉄筋
 ・圧接
 ・型枠
 ・配管
 ・鳶・土工
 ・切断穿孔
 ・内装仕上
 ・サッシ・カーテンウォール
 ・登録エクステリア
 ・板金
 ・外壁仕上
 ・ダクト
 ・保温保冷
 ・グラウト
 ・冷凍空調
 ・運動施設
 ・基礎工
 ・タイル張り
 ・標識・路面標示
 ・消火設備
 ・建築大工
 ・硝子工事


登録基幹技能者は、民間資格であったものが平成20年の建設業法施行規則改正により、制度化されたものです。


資格要件は、次の3つを満たしていた場合に、登録基幹技能者講習を受講することができます。
 ,修凌種について10年以上の実務経験があること
 ⊆駄碍亳海里Δ3年以上の職長経験があること
 実施機関にて定められている資格等を保有していること

経営事項審査で評点アップを狙っている方は、受講可能かどうか調べてみてください^^



いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 

http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------
| 中央行政事務所 | 経営事項審査 | 17:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
経営事項審査の審査項目及び基準の改正等について
こんにちは、行政書士の平賀猛です。

あっという間に11月へ突入した感じです。
今年は、休む間もなく年末となりそうな予感。

体調管理に気を配らないといけませんね。
ということで、先月は初めて大腸内視鏡検査、胃カメラ検査と受けてきました。

当分やりたくないですね^^;
まあ、検査をしてほっとする方が健康に良いのかもしれません。

これからも定期的に行うと思っています。



-----------------------------------------------------------
      ≪ 経審の審査項目及び基準の改正等について 
-----------------------------------------------------------


10月31日、経営事項審査の審査項目及び基準の改正が、国土交通省から公布されました。

改正は大きく次の2点です。

1.若年技術者および技能労働者の育成及び確保の状況の新設
  次の2点を評価することになりました。

審査基準日時点で、若年技術職員の人数が技術職員の人数合計の15%以上の場合、W点において一律1点の加点

審査基準日から遡って1年以内に新たに技術職員となった若年技術職員の人数が、審査基準日における技術職員の人数合計の1%以上の場合、W点において一律1点の加点

※若年技術職員とは、審査基準日において満35歳未満の者を指します。もちろん、一定の要件(資格や実務経験)を満たしていることが条件です。

2.建設機械の範囲の拡大
  現行の評価対象であるショベル系掘削機、トラクターショベル、ブルドーザーに加えて、次の3機種が加点評価の対象となりました。

モーターグレーダー

大型ダンプ車(経営する事業の種類として建設業を届け出ていること。表示番号の指定を受けていること)

移動式クレーン(つり上げ荷重3t以上のもので、所定の定期検査を受けていること)

施行は、平成27年4月1日です。



いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 

http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------
| 中央行政事務所 | 経営事項審査 | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
経営事項審査の改正など
こんにちは、行政書士の平賀猛です。

個人的に、今月で、この仕事をしてから丸17年となりました。

あっという間ですね。

これだけ同じ仕事をしていても、毎年新たな発見があります。

そして、新たな出会いがあります。

出会ったすべての方へ改めて感謝いたします^^



-----------------------------------------------------------
         ≪ 経営事項審査の改正など 
-----------------------------------------------------------


2015年4月からまた経営事項審査が改正されます。

経審・・・に限りませんが、時代の風潮に沿って変わっていきます。

これだけ頻繁に変更されていくわけですから、世の中が推移しているということでしょう。

今回、追加される項目は、若年技術者の雇用、災害時に活用される大型ダンプ車等の保有について加点されるようです。

正式に公表されましたら、こちらのブログでもお知らせします。


毎年11月に実施される「建設業取引適正化推進月間」の要領が発表されました。

通常行われる立入検査に加え、各許可行政庁が連携して、立入検査を強化します。

立入検査には、社会保険の加入状況や安全衛生経費の負担状況の確認も併せて実施されます。

社内、取引企業を含め、総点検しておきましょう。



いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 

http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------
| 中央行政事務所 | 経営事項審査 | 20:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
経審用 工事経歴書の書き方
こんにちは、行政書士の平賀猛です。

今日から衣替えしました。

まだ、上着を脱いで、シャツを腕まくりしていますが、寒くなってきたなぁと感じます。

あっという間に、コートの季節になりますね。

今年も残り2か月半、ラストスパートを掛けなければ!


-----------------------------------------------------------

    ≪ 経審用 工事経歴書の書き方 ≫

-----------------------------------------------------------


建設業の決算報告や経営事項審査は、一般的に年1度であるため、作成の仕方を忘れてしまうことが結構あるように思います。

特に、工事経歴書の“7割”という部分については、問い合わせが毎年多いです。

確かに、わかりづらいですからね。


簡単にまとめてみます。

元請工事に係る完成工事について、業種ごとに、元請工事の完成工事高合計の7割を超えるところまで、請負金額の大きい順に記載します。

続けて、,乃載をしなかった残りの元請工事と下請工事に係る完成工事について、全体の完成工事高合計の7割を超えるところまで請負金額の大きい順に記載します。


※ ただし、 ↓△箸發法軽微な工事(税込み500万円未満の工事、建築一式工事は1,500万円未満)の10件を超える部分については記載する必要ありません。

※ JV工事は、JV全体の請負金額に出資割合を乗じた額、または、分担した工事額を記載します。

※ 工事進行基準を採用している場合は、当該工事進行基準が適用される完成工事について、その完成工事高をカッコ書きで付記します。



いつもご覧いただきありがとうございます!/行政書士 平賀 猛
-----------------------------------------------------------

建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
-----------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------
| 中央行政事務所 | 経営事項審査 | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0) |