建設業の就業者数

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

戦後最長の景気と言われています。

特に実感はないですが、景気が悪いといった感じもしません。

 

休日に街へ出ると、まあ悪くはないんだろうなとは感じます。

自分が行くところだけかもしれませんが。

 

バブル時代、私はまだ就業していなかったので、

どれだけスゴかったのか、景気が良いという世界を実感してみたかったですね。

 


-----------------------------------------------------------
       ≪ 建設業の就業者数 ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

総務省が2018年平均の労働力調査(速報値)を発表しました。

 

建設業の就業者は、503万人で、対前年比1%増でした。

 

内訳は、男性421万人、女性が82万人。

男性は対前年比0.2%マイナスでしたが、女性は同7.9%増という結果に。

 

前年比でこれ以上増えているのは、宿泊業・飲食サービス業の8.3%に次ぐ増加率です。

 

ちなみに産業別就業者を見ると、女性は対前年比マイナスとなっている業種がありません。

 

人手不足に直面している状況では、女性や高齢者の就業者が多くなりますので、それを表した感じですね。

 

 

上場ゼネコンの業績が、少し落ちている感じもしますが、売上高自体は全体的に上がっていますので、

 

景気が良い業種と言って良さそうです。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | その他 | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
建設業の労働災害防止に関する説明会

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

今日は申請期限の多い日でした。

 

全省庁統一の資格申請、7月決算のJKK、9月決算の年度報告、10月決算の建築士業務報告 等々

 

来月も入札参加資格申請の期限が多い月ですので、期限管理簿から目が離せません。

 


-----------------------------------------------------------
   ≪ 建設業の労働災害防止に関する説明会 ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

関東地方整備局の「建設工事における労働災害防止に関する説明会」のお知らせです。

 

日時:2月20日(水) 13:00〜15:00

場所:さいたま新都心合同庁舎2号館5階

定員:200名

申込:FAX 048-600-1921

 

申込み締め切りは2月4日です。

 

労働災害予防の観点から中央行政でもご相談が増えています。

 

詳細はコチラをご覧ください。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | その他 | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
CM方式とは

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

建設業では、現在、数万人の人手が不足していると言われています。

 

女性技術者も少しずつ増えてはきている感じがしますが、

それ以上に多くの外国人労働者が現場で働くことになりそうです。

 

現場によっては、外国人の方が多くなるなんてことも将来あるかもしれません。

 


-----------------------------------------------------------
       ≪ CM方式とは ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

発注者の下でコンストラクションマネージャー(CMR)が、設計・発注・施工の各段階において、

 

設計の検討、工程管理、品質管理、コスト管理などの各種のマネジメント業務を行うものをいいます。

 

 

従来の請負方式・・・設計業者、発注者、元請業者それぞれが、設計、発注、施工に関連する各種のマネジメント業務を実施

 

CM方式・・・それぞれの業務を発注者側で実施

 

 

CMRは、発注者とマネジメント業務契約を締結し、発注者の補助者としてマネジメント業務の全部または一部を行い、発注者から
その対価を得ます。


この場合の施工は、発注者がCMRのアドバイスを踏まえ、工事種別ごとに分離発注等を行い、発注者が施工業者と別途「工事請負契約」を締結します。

 

気になる建設業許可の有無ですが、発注者とCMRとの契約が委任なのか請負なのかその内容等で変わってくると考えられます。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | その他 | 15:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
下請取引等実態調査

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

台風が近づいているようです。

 

東京は現在のところ青空です。

 

近年の台風は、どこから来るかわからないというか、

 

故意に日本を狙ってる?

 

と思わせるような動きをするものがありますね。

 


-----------------------------------------------------------
      ≪ 下請取引等実態調査 ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

今年も国土交通省および中小企業庁による下請取引等実態調査の時期となりました。

 

対象は、大臣許可1,750業者、知事許可12,250業者です。

 

調査票は、元請負人の立場、下請負人の立場で回答する設問があります。

 

ちなみに、昨年度の調査では、下請負人に発注したことのある建設業者のうち、建設業法に基づく指導を行う必要が無いと認められる建設業者は、6.6%でした。

 

適正回答率が低かったのは、仝積提示内容、∋楾体制台帳の添付書類(民間工事)、7戚鷯鮃爐任后

 

この3点は、半数以上の業者が定められた方式で行っていない状態でした。

 

 

仝積りを依頼する際には、定められた13項目についてできる限り具体的な内容を提示する必要があります。

 

特定建設業者は、発注者から直接工事を請け負った民間工事において、下請契約の請負代金の合計が4,000 万円(建築一式工事は6,000 万円)以上となる時は、定められた書類を添付した施工体制台帳及び施工体系図を作成する必要があります。

 

請負契約書には、定められた14項目の条項を明示する必要があります。

 

 

調査結果から建設業法に基づく指導を行う必要があると認められた建設業者には「指導票」が送付されます。

 

また、必要に応じて許可行政庁において立入調査等が実施されます。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | その他 | 16:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
建設現場における熱中症対策

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

暑い日が続いています。

 

昨日、今日は少しマシな方ですが、

冷房は24時間オンの状態です💦

 

 

さて、そんな炎天下、工事技術者は外でのお仕事が多いため、

より熱中症に注意しなければなりません。

 

熱中症は、建設業に多いそうです。

 

 

そこで、建設現場では、現場の環境管理、

 

企業としては、労働者の健康管理・教育を行っていくことが必要です。

 

 

国土交通省では、建設現場における熱中症対策事例集というものを出して注意喚起しています。

 

建設現場における熱中症対策事例集

 

 

一度、目を通しておくことをおすすめいたします。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | その他 | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
建設業許可要件の緩和

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

建設技術者不足や若手技術者の育成は、建設業界の大きな悩みどころですが、

 

人材の問題を機に、国がさまざまな検討に入っています。

 

具体的にあげると・・・

 

・社会保険加入の強化

・外国人材の受入拡大

・建設キャリアアップシステム

・専門工事業の企業評価制度

・現場代理人の従事実績評価

・経営業務管理責任者の廃止

・現場配置技術者の専任義務の緩和

・下請業者の主任技術者配置要件の緩和

・建退共証紙の高額掛金導入

など

 

特に、業法改正となる部分は、大きな内容です。

 

経営業務管理責任者は、許可の要件として本当に必要なの? 経験の中身はこれでいいの? という意見が以前からありましたが、

 

実際に、国土交通省が検討に入ったというのは大きいですね。

 

今後も動向から目が離せません。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | その他 | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
建設業法令遵守推進本部の活動結果

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

突然ですが、今年、ご依頼いただいた届出を見ると、

「九州地方」の変更が目立ちます。

 

所在地、専任技術者、令3条の使用人、新設、営業所名称...

 

九州で何か動いているのでしょうか(笑)

 


-----------------------------------------------------------
          ≪  建設業法令遵守推進本部の活動結果  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

国土交通省は、平成29年度の建設業法令遵守推進本部の活動結果を公表しました。

 

●駆け込みホットラインへの通報

1,710件

 

●立入検査等の実施

788件

 

●監督処分

許可取消 0件

営業停止 17件(独禁法違反8件、贈賄行為4件、公衆危害1件など)

指示 4件(安衛法違反4件)

 

●勧告

186件(下請代金支払77件、下請契約締結74件、追加変更契約65件、施工体制台帳10件など)

 

 

また、平成30年度の活動方針も併せて発表しました。

 

●「駆け込みホットライン」と社会保険加入対策等の相談を受ける「建設業フォローアップ相談ダイヤル」の一層の周知・利用促進。

 

●駆け込みホットライン、下請取引等実態調査の結果等から違反行為を行っている可能性の高い業者や繰り返し違反行為を行っている業者へ優先的に立入検査を実施。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | その他 | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
建設女子を応援!

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

本日は東京都心の最低気温が、マイナス4度で、48年ぶりだそうです。

 

先日も大雪でしたし、まだまだ寒い日が続きそうですね。

 

自転車で外回りしているのが厳しい毎日です。

 


-----------------------------------------------------------
       ≪  建設女子を応援!   ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

建設業の人手不足、担い手の確保をよく耳にしますが、

建設業は当然ながら男性だけの仕事ではありません。

 

今回は、建設女子を応援しているサイトを幾つかご紹介したいと思います。

 

 

〇しんこうWeb

http://bn.shinko-web.jp/person/000669.html

 

〇けんせつ小町活躍現場見学会

http://www.nikkenren.com/komachi/field.html

 

〇建設女子を応援する「おうちクラブ」

http://ouchi-club.com/

 

〇くまもと建麗会

http://kumakenjob.com/kenreikai/

 

〇全国中小建設業協会

http://www.zenchuken.or.jp/?cat=39

 

〇応援しよう!建設業で働く女性 支える企業

http://genba-go.jp/doc/content_2015_0063.pdf

 

〇鹿島建設株式会社

https://www.kajima.co.jp/news/digest/jun_2014/feature/file01/index-j.html

 

〇溶接女子会

http://yosetsu-joshikai.jwes.or.jp/

 

〇日本建設業連合会

http://www.nikkenren.com/publication/ACeFORSTUDENTS/pdf/003/3_zadankai.pdf

 

 

上記以外にもたくさんのサイトがあります。

 

女性の方にも、少しでも建設業の魅力を知っていただければ^^

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | その他 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
建設工事を請負っている企業である

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

先週、住友林業と熊谷組が業務・資本提携を発表しましたが、

住宅メーカーと建設会社との提携が目立つなと感じます。

 

住宅メーカーから見ると、大規模建築へ参入することになるのでしょうか。

既に、最大手の積水ハウスや大和ハウスなどは参入していますからね。

 


-----------------------------------------------------------
       ≪  建設工事を請負っている企業である  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

今回、表題にした「建設工事を請負っている・・・」は、

 

建設業許可を保有しているにもかかわらず、「うちは建設会社ではないから建設業法はわからない」という発言をたまに耳にするためです。

 

もちろん、建設業をメインとしている会社ではないので、

「建設会社」とまで考える必要はありませんが、

 

「建設工事を請負っている企業」であるという認識は欲しいところです。

 

この認識が薄い企業は、建設業法を軽く考えているなと感じることが多いですね。

 

 

建設業許可は、さまざまな業種の企業が保有していますので、

建設業メインではないから...は通じないと考えるべきです。

 

ちなみに、建設業許可は、建設業がメインではない次のような企業も取得しています。

 

ソニー、三井不動産、日産自動車、三菱商事、NTTドコモ、三越伊勢丹、ダイキン工業、セコム、三菱マテリアル、東京急行電鉄、凸版印刷、神戸製鋼所、三井造船、TOTO、内田洋行、シーメンス、日本ヒューレット・パッカードなど。

 

グループ会社まで入れるとさらに多くの業種の企業が保有しています。

 

 

建設工事の請負企業として、あらためて建設業法を見直しておきましょう。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | その他 | 19:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
毎年11月は建設業取引適正化推進月間です。

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

11月になりました。

この時期になると、ルレクチェが食べたくなります。

 

ラフランスも好きですが、それ以上に美味しい^^

知名度は低いですが、産地の新潟では有名なフルーツです。

 


-----------------------------------------------------------
  ≪ 毎年11月は建設業取引適正化推進月間です。 ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

国土交通省が公表している大手建設会社の受注動態統計を見ると、

 

今年度上半期で、国内工事は前年▲4.5%ですが、海外工事は229.7%と大きく増えています。

 

大手会社の海外志向が目立った上半期といえそうです。

 

 

さて、毎年11月は、建設業取引適正化推進月間です。

 

国土交通省および都道府県は、建設業の取組適正化に関して、集中的に法令遵守の活動を行います。

 

関東地方整備局では、「建設業取引適正化等に関する講習会」を開催しますので、ご興味のある方はコチラを参照ください。

 

 

また、この月間では、定期の立入検査に加え、各許可行政庁が連携しての立入調査、指導等が行われ、

 

社会保険等の加入状況、法定福利費を内訳明示した見積書の活用状況、安全衛生経費の負担状況の確認等も併せて実施されます。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | その他 | 13:35 | comments(0) | trackbacks(0) |