経審で加点される法定外労災とは

こんばんは、行政書士の川嶋由香です。

今日は、とても良いお天気でしたね。
風が少し強かったですが、外出していて気持ちがよかったです。



さて今回は、法定外労災についてです。


経営事項審査(経審)の社会性等で加点対象となる
“法定外労働災害補償制度加入の有無”とはどのようなものでしょうか。

法定外労働災害補償制度(法定外労災)とは、
政府の労働災害補償制度とは別に、発生した労働災害に対し上乗せ給付を行うものです。


経審で加点評価をしてもらうためには、
次の4つの条件を満たしていることが必要です。

 ゞ般該匈欧板牟从匈欧領省が対象となっていること

◆〇猖患擇嗜働災害補償保険の傷害等級第1級から第7級までを補償していること

 直接使用関係にある職員及び下請負人(数次の請負による場合は下請負人すべて)の直接使用関係にある職員すべてを対象としていること

ぁ〇楾するすべての工事(共同企業体及び海外工事は除く)を補償していること。


経審では、この4つの条件を満たしていることが確認できる“加入証明書”や“保険証券”を提示します。

なお、加入証明書や保険証券は、審査基準日(通常は決算日)が保険期間に入っているものを用意しましょう。



いつもご覧いただきありがとうございます!/行政書士 川嶋由香


建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 

| 中央行政事務所 | 経営事項審査 | 18:30 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:30 | - | - |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/01/09 5:46 PM |









http://chuogyosei.jugem.jp/trackback/200