経営業務の管理責任者としての経験とは
こんにちは、行政書士の平賀猛です。

今日は茨城県へ書類の提出に行ってきました。
毎年数回行ってますが、今さらながら電車の座席に驚きました!

スーパーひたちの座席って、豪華なんですね〜
コンセントもあるし、頭置き?もあるし、
一般的な新幹線よりすばらしい^^

いつもフレッシュひたちに乗っていたから気づかなかったのかな・・・


-----------------------------------------------------------
   ≪ 経営業務の管理責任者としての経験とは ≫

-----------------------------------------------------------



営業取引上対外的に責任を有する地位にあって、建設業の経営業務について総合的に管理した経験をいいます。

具体的には、法人の役員又は委員会設置会社の執行役、個人の事業主又は支店長、営業所長等の地位にあって経営業務を総合的に執行した経験を指しますが、単なる連絡所の長又は工事の施工に関する事務所の長のような経験は含まれません。

経営業務の管理責任者としての経験は、法人の役員の場合、都道府県により、常勤での経験か、それとも非常勤経験でOKかの違いがあります。

経験年数は足りていても、ほとんど非常勤だったため要件を満たせなかった・・・というようなこともあります。
ちなみに東京都は非常勤経験でも認めています。

また、他社の代表取締役となっている場合は、その他社で、複数の代表取締役がいない限り、たいていは経営業務管理責任者として認められません。

これも注意が必要です。


いつもご覧いただきありがとうございます!/行政書士 平賀 猛
-----------------------------------------------------------

建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 

http://www.chuogyosei.com/

-----------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 経営業務管理責任者 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:37 | - | - |









http://chuogyosei.jugem.jp/trackback/324