解体工事施工技士等 経審技術職員の加点について

こんにちは、行政書士の平賀猛です。
 

8月に入ると、3月決算に加えて、4月決算のお客さまが加わります。

 

今月も引き続きバタバタです^^;



-----------------------------------------------------------
 ≪ 解体工事施工技士等 経審技術職員の加点について  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

「建設業法第二十七条の二十三第三項の経営事項審査の項目及び基準を定める件の一部改正」により、登録基礎ぐい工事試験及び登録解体工事試験に合格した方は、技術職員として加点されることとなりました。



■「登録基礎ぐい工事試験」合格者
日本基礎建設協会及びコンクリートパイル建設技術協会の行った平成27年度の基礎施工士検定試験に合格した方については、とび・土工工事に係る一般建設業の主任技術者要件の一つに位置づけられたことから、経営事項審査においても、加点対象となります。

 


■「登録解体工事試験」合格者
全国解体工事業団体連合会の行った平成17年度までの解体工事施工技士資格試験及び平成27年度までの解体工事施工技士試験については、解体工事に係る一般建設業の主任技術者要件の一つに位置づけられたことから、経営事項審査においても、加点対象となります。

 


■再審査申請について
今回の経営事項審査の審査基準の改正により、改正前の評価方法に基づく経営規模等評価の結果の通知を受けた建設業者については、許可行政庁に対し、以下のとおり再審査を申し立てることができます。


〆匿該鎖柔舛梁仂
再審査申請日において、「経営規模等評価結果通知書・総合評定値通知書」の審査基準日から1年7ヶ月以内であること。


∈匿該鎖柔舛亮付期間
平成28年8月1日(月)から平成28年11月28日(月)までの120日間
(各都県により曜日設定等を行っている場合がありますので、各都県にご確認下さい。)

 



いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 経営事項審査 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:30 | - | - |









http://chuogyosei.jugem.jp/trackback/523