入札参加資格のための経営事項審査

こんにちは、行政書士の平賀猛です。
 

今週からパートさんに書類作成のお手伝いをお願いしています。

 

建設業許可、経営事項審査、入札参加資格審査・・・と

聞きなれない文言ばかりだと思いますが、

 

そのなかでも「経営事項審査・入札参加資格審査申請」について

簡単に説明したいと思います。

 


-----------------------------------------------------------
     ≪  入札参加資格のための経営事項審査  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

国、地方公共団体などが発注する公共工事を直接請け負おうとする場合には、必ず受けなければならない審査が経営事項審査です。

よって、ゼネコンも当然ながら受けています。

 

公共工事の各発注機関は、競争入札に参加しようとする建設業者について、経営事項審査を受けた後、発注機関ごとに入札資格審査を行うこととされています。

 

この入札資格審査にあたっては、欠格要件に該当しないかを審査したうえで、「客観的事項」と「発注者別評価」の審査結果を点数化して順位・格付けが行われます。

 

このうちの「客観的事項」にあたる審査が「経営事項審査」です。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 経営事項審査 | 09:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:13 | - | - |









http://chuogyosei.jugem.jp/trackback/536