経営業務管理責任者要件の改正

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

出会いの季節である4月、

 

中央行政では新入社員はいませんが、

 

その分、素敵なお客さまと出会えることを願っています^^

 


-----------------------------------------------------------
     ≪  経営業務管理責任者要件の改正  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

改正の施行が平成29年6月1日予定の「経営業務管理責任者要件の改正」について

 

国土交通省がパブリックコメントを募集しています。

 

■改正の概要

 

経営業務の管理責任者に準ずる地位にあって資金調達、技術者等配置、契約締結等の業務全般に従事した経験(補佐経験)の一部拡大


経営業務管理責任者要件として認められる経験のひとつとして「経営業務の管理責任者に準ずる地位にあって資金調達、技術者等配置、契約締結等の業務全般に従事した経験(補佐経験)」が位置付けられており、この「準ずる地位」にいては、現在「業務を執行する社員、取締役又は執行役に次ぐ職制上の地位にある者(法人の場合)」が位置付けられているところ。

 

この点、「組合理事、支店長、営業所長又は支配人に次ぐ職制上の地位にある者」における経験も補佐経験として認めることとする。

 


他業種における執行役員経験の追加


経営業務管理責任者要件として認められる経験のひとつとして「経営業務の執行に関して、取締役会の決議を経て取締役会又は代表取締役から具体的な権限委譲を受け、かつ、その権限に基づき、執行役員等として建設業の経営業務を総合的に管理した経験」が位置付けられている。

 

この点、現在は、「許可を受けようとする建設業に関する経験」に限られているところ、「許可を受けようとする建設業以外の建設業に関する経験」についても認めることとする。

 


3種類以上の合算評価の実施


経営業務管理責任者要件として認められる経験(現行4種類)については、現在、一部種類について2種類までの合算評価が可能とされているところ。

 

この点、全ての種類に拡大するとともに、経験の種類の数の限定を設けず合算評価することを可能とする。

 


他業種経験等の「7年」を「6年」に短縮


経営業務管理責任者要件として認められる経験のうち、「許可を受けようとする建設業以外の建設業に関する経営業務の管理責任者」としての経験については、現在7年以上要することとしているが、これを6年に短縮することとする。

あわせて、△侶亳概擇啖弍超般海鯤篋瓦靴新亳海砲弔い討癲同様に6年とする。

 

 

大きな改正です。

ただし、要件が緩和されても、審査行政庁の運用次第ですね。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 経営業務管理責任者 | 18:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:47 | - | - |









http://chuogyosei.jugem.jp/trackback/554