監理技術者等の途中交代

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

許可通知書が届きました!

結果通知書が届きました!

 

一番嬉しい連絡です。

 

今日もいただきました。

ありがとうございます。

 

来週も連絡が届きますように。


-----------------------------------------------------------
       ≪  監理技術者等の途中交代  ≫
-----------------------------------------------------------

 

適正な施工を確保する観点から、監理技術者等の工期途中での交代は原則認められていませんが、

 

例外として、次のような真にやむを得ない場合のみ認められています。

 

死亡、傷病

 

退職

 

受注者の責によらない理由により、工事の中止又は工事内容の大幅な変更が発生し、工期が延長された場合


橋梁、ポンプ、ゲート等の工場製作を含む工事であって、工場から現地へ工事の現場が移行する時点


ダム、トンネル等の大規模な工事で、一つの契約工期が多年に及ぶ場合

 


いずれの場合であっても、発注者と元請業者との協議により、交代の時期は工程上一定の区切りと認められる時点とするほか、交代前後における監理技術者等の技術力が同等以上に確保されることが必要です。

 

また、工事の規模、難易度等に応じ一定期間重複して工事現場に配置するなどの措置をとることにより、工事の継続性、品質確保等に支障がないと発注者に認められなければなりません。


協議においては、発注者からの求めに応じて、元請業者が工事現場に配置する監理技術者等及びその他の技術者の職務分担、本支店等の支援体制等に関する情報を発注者に説明することが重要です。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:19 | - | - |









http://chuogyosei.jugem.jp/trackback/556