無許可業者も対象とした規定

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

GWが始まりますね。

 

私は、特に出かける予定もないので、ガーデニングでもしてみようかな...なんて考えています(^_^;)

 


-----------------------------------------------------------
       ≪ 無許可業者も対象とした規定 ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

今週いただいたご相談の中で、建設業の無許可業者については、建設業法の対象になるのでしょうかというのがありました。

 

500万円未満の軽微な工事のみを請負う場合は、建設業許可を得なくても建設業を営むことができますが、無許可業者を対象とした規定は無いのでしょうか。

 

 

無許可業者も対象とした規定には下記のようなものがあります。

 

○ 請負契約を公正に締結し、誠実に履行する義務、書面主義(§18、§19)


○ 一括下請負の禁止(請ける側)(§22◆


○ 指示処分・営業停止(§28↓)

 

○ 不正事実の申告(§30◆

 

○ 報告徴収・立入検査(§31 

 

○ 許可を受けていないにもかかわらず、建設業者であると明らかに誤認される表示の禁止(§40の2)

 

○ 指導・助言・勧告(§41 

 

今後は、技術者の配置、一定の種類の工事業を営む場合の登録制などが検討されています。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:35 | - | - |









http://chuogyosei.jugem.jp/trackback/557