軽微な工事であれば・・・

おはようございます。

行政書士の平賀猛です。

 

この時期はお出かけ日和の良い気候ですね。

 

近所の散歩だけでも気持ち良いです^^

 


-----------------------------------------------------------
       ≪ 軽微な工事であれば・・・ ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

さて、今週いただいたご相談の一部を紹介します。

 

 

Q.同じ許可業種を営業所により一般許可と特定許可に分けて取得することはできますか?

例えば、造園工事業を本社で特定許可、横浜支店で一般許可というように取得するケースです。

 

A.○○でできると聞いたのですがと言われることがまれにありますが、これはできません。

ガイドラインでも「同時に一の建設業につき一般建設業の許可と特定建設業の許可が重複することはあり得ない」とあります。

 

 

Q.すでに保有している許可について、軽微な工事であれば他の営業所でも契約はできますか?

例えば、管工事業を本社でのみ取得しているが、軽微な管工事を横浜支店で契約できるかというようなケースです。

 

A.これもできません。

ガイドラインでは、「許可を受けた業種については軽微な建設工事のみを請け負う場合であっても、届出をしている営業所以外においては当該業種について営業することはできない」とあります。

 

 

これらのご質問は、毎年いただくものです。

特に下段については、建設業の営業においてとても重要となるところですので注意が必要です。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:19 | - | - |









http://chuogyosei.jugem.jp/trackback/558