公共性のある施設、多数の者が利用する施設…

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

大手建設会社では、3年連続で常時従業員が増加、

そして、全国の建設会社の受注高は3年連続増加だそうです。

 

3年連続の増加ってすごいですね。

明るいニュースはいいものです^^

 


-----------------------------------------------------------
   ≪ 公共性のある施設、多数の者が利用する施設… ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

今週いただいたご相談です。

 

公共性のある施設若しくは工作物又は多数の者が利用する施設若しくは工作物に関する工事で、重要な建設工事に配置される監理技術者等は、工事現場ごとに専任の者でならない

・・・とあるので、民間工事は、これに当たらないんですよね?

 

 

■ 公共性のある施設若しくは工作物又は多数の者が利用する施設若しくは工作物とは…

々顱地方公共団体等が発注者である施設又は工作物
鉄道、道路、ダム、上下水道、電気事業用・ガス事業用等の施設又は工作物
3惺察∋務所、百貨店、工場、病院、共同住宅等のように多数の人が利用する施設又は工作物

 

・・・これらはあくまで例示であり、通常は、戸建ての個人住宅を除くほとんどの工事が該当すると考えられています。

 

 

■ 重要な建設工事とは…

工事1件の請負代金の額が3,500万円(建築一式工事の場合は7,000万円)以上の工事です。

 

 

 

上記に該当する工事については、工事現場ごとに専任で監理技術者等を置く必要があります。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:37 | - | - |









http://chuogyosei.jugem.jp/trackback/559