技術検定種目の新設等について

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

比較的余裕のある時期ですが、先週末からご相談等の予定がいっぱいの状況です。

 

ちょうど良い時期で少しホッとしています。

 


-----------------------------------------------------------
       ≪  技術検定種目の新設等について  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

先日ご案内した技術検定の改正について

 

11月10日に公布・施行されましたので、概要を確認しておきます。

 

 

1.「電気通信工事施工管理」に係る技術検定の新設


電気通信工事施工管理に係る技術検定を新設し、受検資格等について以下のとおり定めます。


✓受検資格:施工管理に係る他の技術検定と同一


✓試験科目(1級・2級)

(学科)電気通信工学等・施工管理法・法規

(実地)施工管理法


✓受験手数料:1級(学科・実地)各13,000円2級(学科・実地)各6,500円


✓合格者の取扱い

(1級合格者)電気通信工事業における主任技術者・監理技術者等
(2級合格者)電気通信工事業における主任技術者等

 

✓コード番号

(一級電気通信工事施工管理技士)コード31(経審技術職員資格区分コード131)

(二級電気通信工事施工管理技士)コード32(経審技術職員資格区分コード232)

 

 

2.建築施工管理に係る2級の技術検定の学科試験の種別廃止
建築施工管理に係る2級の技術検定のうち、学科試験については、平成30年度より、種別を廃止して共通試験として実施します。

 


3.登録基幹技能者講習を修了した者の主任技術者等の要件への認定
登録基幹技能者講習を修了した者のうち、許可を受けようとする建設業の種類に応じ、国土交通大臣が認めるものについては、主任技術者等の要件を満たすものとします。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 技術者 | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:55 | - | - |









http://chuogyosei.jugem.jp/trackback/585