建築一式工事業

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

先週、久しぶりに風邪をひいてしまい、いまだに声が出しづらい状態です。

 

今は、メールというものがあって良かったと思う今日この頃です。

 


-----------------------------------------------------------
         ≪  建築一式工事業   ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

最近は、少なくなってきたのですが、

 

「建築一式工事業」の許可があればどんな工事も請け負えますか?

 

とご質問を受けることがあります。

 

 

建築一式工事の内容が、総合的な企画、指導、調整の下に建築物を建設する工事・・・という説明が分かりづらいからかもしれません。

 

 

都道府県により多少の解釈の違いはありますが、ここで東京都の見解を紹介いたします。

 


■建築一式工事業の許可を持っていても、各専門工事の許可を持っていない場合は、500 万円以上の専門工事を単独で請け負うことは出来ません。


「○○邸内装改修工事」は、「内装仕上工事業」に該当し、建築一式工事業の許可のみでは請け負えません。


「建築一式工事」とは、建築確認を必要とする新築及び増改築工事を、元請で請負うことを指します。

 

それ以外の工事は、原則として各業種の専門工事となります。

 

 

以上から、下請業者は「専門工事業」の許可を取ることが一般的となります。

 

許可を取る、工事を発注する、工事を請負う際には、許可業種を確認しましょう。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 許可業種 | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:55 | - | - |









http://chuogyosei.jugem.jp/trackback/595