電気工事業者の営業所増設

おはようございます。

行政書士の平賀猛です。

 

雪の出勤となりました。

 

さて、本日、2月22日は行政書士記念日です。

 

昭和26年2月22日に行政書士法が公布されたことにちなんでいます。

 

先日、平成29年度の行政書士試験の合格発表があり、合格率は15.7%でした。

最近の合格率は高いですね〜

 

ただし、受験者数は年々減少しており、

平成22年度と比べると3万人以上減りました。

 

この合格率を見て、平成30年度は受験者数が増えるかもしれませんね。

 


-----------------------------------------------------------
       ≪  電気工事業者の営業所増設   ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

電気工事業を営む方は、電気工事業登録をされていることも多いと思います。

 

営業所を増設し、その営業所でも電気工事業を行う場合は、どのような登録になるのでしょうか?

 

登録済みの都道府県内にのみ営業所を増設する場合は、変更手続きが必要です。

 

登録済みの都道府県外に営業所を増設する場合は、登録の所管が都道府県知事から経済産業大臣に変更となります。

 

よって、経済産業大臣に手続きを行った後、都道府県知事に電気工事業廃止届出(通知)の手続きが必要です。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:59 | - | - |









http://chuogyosei.jugem.jp/trackback/597