社長の交代

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

国土交通省は、「社会保険加入」の加入を建設業許可の要件とするようです。

 

中央行政では、数年前から加入のご説明をしていましたので、

現在は、お客様100%加入となっています。

 


-----------------------------------------------------------
          ≪  社長の交代   ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

家族経営のお客様から毎年いただくご相談の一つに社長の交代があります。

 

多くはご子息に譲りたいというものです。

 

 

建設業許可では、変更時点で、後任者が、人的(経営業務管理責任者や専任技術者の)要件を満たしていることが必要です。

 

簡単に言うと、5年以上取締役で、免状も保有済み、現在も常勤にて勤務されている方に継いでもらうということ。

 

 

意外に多いのが、ご子息が勤務はされているが取締役に就任していない、もしくは、就任してまだ年数が不足している場合です。

 

でも、近いうちに変更したいという場合はどうすれば良いのか?

 

 

要件を満たすまで、社長(経営業務管理責任者)が、取締役として常勤し続けるか、

 

別の企業等から要件者を連れて来るという方法しかありません。

 

よって、交代できるまで、常勤取締役で、当然ながら社会保険も加入を維持していることが必要です。

 

 

交代を考え始めたら出来る限り早く、できれば5年前には対策を打っておきましょう。

 

社長を辞めたくてもやめられない状況になるかもしれません。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 経営業務管理責任者 | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:14 | - | - |









http://chuogyosei.jugem.jp/trackback/601