監理技術者を工期途中で交代する場合

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

突然ですが、届出期限が2週間以内のもの

 

例えば、建設業の専任技術者変更や古物商の変更届などは、

 

その期限を守ることが厳しいなと感じることが少なくありません。

 

「変更届は一律に30日以内!」とならないですかねぇ...

 


-----------------------------------------------------------
    ≪  監理技術者を工期途中で交代する場合   ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

監理技術者の工期途中での交代は、建設工事の適正な施確保を阻害する恐れがあことから、必要最小限とすることが求められています。

 

真にやむを得ない理由により交代した場合は、単に交代すればよいわけではありません。

 

“注者と元請業者との協議により、工程上一定の区切りと認められる時点で交代する。

 

交代前後における監理技術者の技術力が同等以上とする。

 

9事の規模、難易度に応じ、一定期間重複して配置する。

 

工事の継続性、品質確保に支障があってはなりません。

 

 

ちなみに真にやむを得ない場合とは、死亡、傷病、出産、育児、介護、退職の他、

 

受注者の責によらない工事中止・大幅な内容変更・工期延長や、

 

一つの契約工期が多年に及ぶ場合等が該当する可能性があります。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 技術者 | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:20 | - | - |









http://chuogyosei.jugem.jp/trackback/604