建築士の設計・工事監理の範囲

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

昨日は定期健診でした。

毎年、業務的に余裕のある5月に受けています。

 

今年は、胃バリウム検査を止め、内視鏡検査をすることにしました。

大腸もしたいのですが、事前準備がちょっと大変なので...

 

年齢的に、毎年、カメラにしていこうかと考えています。

 


-----------------------------------------------------------
            ≪  建築士の設計・工事監理の範囲  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

建築士の設計範囲について、たまにご質問をいただきますので簡単にまとめてみます。

 

【建築士の設計・工事監理の範囲】

 

■一級建築士

・すべての建物の設計・工事監理ができます。

 

■二級建築士

・1〜3階建て、延べ面積500岼焚爾量畋

※一般建築物(特殊建築物を除く)は、1 階建てはすべて、2 〜 3 階建ては1000 岼焚

・1〜3階建て、延べ面積300岼焚爾裡劭叩鉄骨造等

 

■木造建築士

・1〜2階建て、延べ面積300岼焚爾量畋

・1〜2階建て、延べ面積300岼焚爾裡劭叩鉄骨造等

 

■資格不要

・1〜2階建て、延べ面積100岼焚爾量畋

・1〜2階建て、延べ面積30岼焚爾裡劭叩鉄骨造等

 

※上記の建物は、高さ13m以下、軒高9m以下の制限あり。

 

 

建築基準法では、建築士法において建築士でなければ設計ができない工事については、建築士を工事監理者に定めることが求められています。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:08 | - | - |









http://chuogyosei.jugem.jp/trackback/608