建設業許可要件の緩和

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

建設技術者不足や若手技術者の育成は、建設業界の大きな悩みどころですが、

 

人材の問題を機に、国がさまざまな検討に入っています。

 

具体的にあげると・・・

 

・社会保険加入の強化

・外国人材の受入拡大

・建設キャリアアップシステム

・専門工事業の企業評価制度

・現場代理人の従事実績評価

・経営業務管理責任者の廃止

・現場配置技術者の専任義務の緩和

・下請業者の主任技術者配置要件の緩和

・建退共証紙の高額掛金導入

など

 

特に、業法改正となる部分は、大きな内容です。

 

経営業務管理責任者は、許可の要件として本当に必要なの? 経験の中身はこれでいいの? という意見が以前からありましたが、

 

実際に、国土交通省が検討に入ったというのは大きいですね。

 

今後も動向から目が離せません。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | その他 | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:07 | - | - |









http://chuogyosei.jugem.jp/trackback/610