建築士定期講習

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

昨日、東京は梅雨入りしました。

 

雨が続くと、「晴天」というのは素晴らしいですね。

気分が違います。

 

水色(空色)って、良い色だなぁと感じる最近です。

 


-----------------------------------------------------------
             ≪  建築士定期講習  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

建築士事務所の年次業務報告を作成しているときに、

所属建築士の方の定期講習日を確認します。

 

中には、受講していなかったり、期限が過ぎていたり

というのを見掛けることがあります。

 

そこで、建築士の定期講習について簡単にまとめておきます。

 

・定期講習は、3年度ごとに受講しなければなりません。

 

・受講期限内に受講しない場合は、戒告または2か月間の業務停止処分の対象となります。

 

・構造・設備設計一級建築士は、構造設計一級建築士定期講習、設備設計一級建築士定期講習を3年度ごとに受講しなければなりません。

 

・受講義務があるのは、建築士事務所の所属建築士です。

構造・設備設計一級建築士は、建築士事務所所属の有無に関わらずに受講義務があります。

 

・登録講習機関一覧http://www.mlit.go.jp/common/000166907.pdf

 

・考査修了者に定期講習修了証が交付されます。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:37 | - | - |









http://chuogyosei.jugem.jp/trackback/611