役員に関するご相談

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

今月末期限の届出が結構あるため、今週、来週はバタバタが続きます。

 

来月以降は、夏の繁忙期へ突入し、

 

今秋から今冬にかけては、入札参加資格申請があるため、

 

息つく暇もない...というのはちょっと大げさですが、

 

今年もあっという間に年末...となりそうです💦

 

 

さて、今月は、3月決算の総会が多いせいか、役員に関するご相談を多くいただきます。

 

建設業で役員というと、たいていは経営業務管理責任者の件となります。

 

経営業務管理責任者としての経験等を有する役員に、執行役員等が追加され、皆さんの関心がグンと高まりました。

 

 

では実際に、執行役員等の経験等が認められているのかというと、

 

そう簡単ではありません。

 

確かに一部、前向きに認めてくれる都道府県もありますが、端から認めないという考えのところもあります。

 

その代表例が、東京都です。

 

 

その辺りの実情を切々とご説明しています。

 

よって、このために短絡的に執行役員制度を導入することはお勧めしません。

 

もっと戦略的に考えていく必要があります。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 経営業務管理責任者 | 18:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:07 | - | - |









http://chuogyosei.jugem.jp/trackback/613