施工体制台帳の作成義務

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

どこからか風邪菌をもらったのか、それとも前日に11キロ以上歩いていたからなのか、

 

昨日からマスクをしながら業務を行っています。

 

声が出しづらく、メールは有難いなと感じています。

 


-----------------------------------------------------------
     ≪ 施工体制台帳の作成義務 ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

今週いただいたご相談の中から、施工体制台帳の作成義務について簡単に見ておきます。

 

民間工事においては、比較的大きな工事が作成の対象となります。

 

元請業者(特定建設業者)は、下請契約総額4,000万円(建築一式工事は6,000万円)以上になる場合は、施工体制台帳と施工体系図の作成が義務付けられています。

   ↓

作成義務者は、元請業者(特定建設業者)です。

   ↓

・公共工事では、下請契約額に関わらず、施工台帳作成を作成し、台帳の写しは発注者への提出が義務付けられています。

・民間工事は、発注者からの請求に基づき、閲覧に供しなければなりません。

   ↓

工事目的物を発注者に引き渡すまでの間、工事現場ごとに備え付けることが義務付けられています。

   ↓

一部抜粋したものを5年間保存します。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:00 | - | - |









http://chuogyosei.jugem.jp/trackback/635