主任技術者、監理技術者の専任は現場常駐?

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

先日治った風邪ですが、また、家族からうつされ、

 

今朝から、少々のどの痛みを感じています。

 

薬を使わずにいきたいのですが・・・

 


-----------------------------------------------------------
 ≪ 主任技術者、監理技術者の専任は現場常駐? ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

先週に引き続き監理技術者等の「専任」について

 

建設業法では、請負金額3,500万円(建築一式工事7,000万円)以上の戸建住宅以外の工事は、工事現場ごとに専任の者であることと決められています。

 

この専任とは、「どんなときでも常駐し続けるのですか?」とよくご質問をいただきます。

 

その件について、国土交通省では、次のように通知しています。

 

専任とは、他の工事現場に係る職務を兼務せず、常時継続的に当該工事現場に係る職務にのみ従事し、

 

必ずしも当該工事現場への常駐(現場施工の稼働中、特別の理由がある場合を除き、常時継続的に当該工事現場に滞在していること)を必要とするものではない。

 

そのため、技術者の継続的な技術研鑽の重要性や建設業の働き方改革を推進する観点を踏まえ、技術研鑽のための研修、講習、試験等への参加、休暇の取得、その他の合理的な理由で監理技術者等が短期間工事現場を離れることについては、

 

適切な施工ができる体制を確保する(例えば、必要な資格を有する代理の技術者を配置する、工事の品質確保等に支障の無い範囲内において、連絡を取りうる体制及び必要に応じて現場に戻りうる体制を確保する等)とともに、

 

その体制について、元請の監理技術者等の場合は発注者、下請の主任技術者の場合は元請又は上位の下請の了解を得ていることを前提として、差し支えない。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 技術者 | 18:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:50 | - | - |









http://chuogyosei.jugem.jp/trackback/638