解体工事業を行うとび・土工工事業者について

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

東京都工事の入札参加資格申請の期限が近付いて参りました。

 

今月25日迄です。

 

都以外にも、今月末期限の官公庁が幾つかありますので、

中央行政では、かなり気を張っている状況です💦

 

来月になれば、またそれはそれで、たくさんあるのですが・・・

 


-----------------------------------------------------------
  ≪ 解体工事業を行うとび・土工工事業者について ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

平成28年6月1日時点で、とび・土工工事業の許可を受け、解体工事業の営業をされている方(経過措置とび・土工工事業者)は、

 

平成31年5月31日までの間に限り、解体工事の許可を受けずに引き続き営業を行うことができます。

 

 

その期限が4か月ちょっとと近付いてまいりましたので、6月1日以降も引き続き解体工事を希望される場合は、至急、解体工事業の許可申請を行ってください。

 

 

ちなみに、経過措置期間内に解体工事業の許可申請をした、経過措置とび・土工工事業者については、

 

経過措置期間の経過後、申請に対する許可又は不許可の処分があるまでの間は、解体工事業に係る許可を受けないでも引き続き営業を営むことができます。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業許可 | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:53 | - | - |









http://chuogyosei.jugem.jp/trackback/642