建設業法と電気工事業法の「営業所」

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

昨日蒸し暑かった東京は、今日は寒いです〜

事務所内も暖房入れてます。

 

明日からの10連休の天気が気になるところですが、

せっかくの超大型連休なので、有意義に過ごしたいですね^^

 


-----------------------------------------------------------
   ≪ 建設業法と電気工事業法の「営業所」 ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

電気工事業者以外は、あまり関係無いと思いますが、

建設業法の営業所と、電気工事業法の営業所の定義を比べてみたいと思います。

 

 

〇 建設業の営業所

 

常時建設工事の請負契約の見積、入札、契約の締結を行う事務所

 

他の営業所に対して請負契約に関する指導監督を行うなど、建設業に係る営業に実質的に関与する場合も該当します。

 

 

〇 電気工事業の営業所

 

電気工事の施工の管理を行う店舗

 

実態として、電気工事の施工に関する管理業務を行っていれば、営業所に該当します。

 

よって、電気工事の契約の締結、経営管理等のみを行い、具体的な電気工事の施工に関する管理をすべて下部組織等に行わせているような本店等は、営業所に該当しません。

 

 

営業所と一口に言っても、定義が異なりますので、支店や営業所が多くある企業にとっては、どの営業所で許可、登録するかを確認しておく必要がありますね。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------

建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 18:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:45 | - | - |









http://chuogyosei.jugem.jp/trackback/655