建設業者と警備業者との取引実態調査

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

今月は、許可申請の多かった月でしたが、

来月は、今のところ、お打合せの多い月となりそうです。

 

ちなみに7月は、書類作成、打合せ、申請とすべてが多い月となります。

 


-----------------------------------------------------------
   ≪ 建設業者と警備業者との取引実態調査 ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

建設業者と警備業者との取引実態調査の結果が公表されました。

 

■取引において問題となり得る行為の状況

最も多かったのが、不当な給付内容の変更です。

発注がキャンセルされたが、人材確保等に要した費用が支払われなかった。追加変更等の契約を行っていない等です。

 

■警備料金の決定方法

警備業者の契約交渉の相手方は、約4割が現場監督でした。

見積書は9割以上の取引先に提出して契約しています。

 

■契約内容

警備業者は、約6割の取引先との間で、警備業務を行う日を発注者の指定する日としています。

警備業者は、約6割の取引先との間において、警備計画の確定時期を「前日まで」又は「定めていない」としています(建設業者は、約6割の取引先との間)

 

調査結果を踏まえ、国土交通省では、警備業における適正取引を推進する取組について

 

警備業者と建設業者が契約内容を明確化し、取引上の課題を解決するため、(一社)全国警備業協会において見積関係書類記載例を作成しています。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------

建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:57 | - | - |









http://chuogyosei.jugem.jp/trackback/659