現場専任の工事金額

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

たまに海外ニュース(翻訳してくれた方)の情報を見るのですが、

 

日本では報道されていないことを目にすることが結構あります。

 

それはニセ情報だから?それとも、あえて隠してる?

 

どちらにしても、広く(寛容に)情報を仕入れておくことは重要だと感じています。

 


-----------------------------------------------------------
      ≪ 現場専任の工事金額 ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

現場専任工事の金額については毎年ご相談が多いです。

簡単にまとめます。

 

 

・公共性のある施設もしくは工作物

・多数の者が利用する施設もしくは工作物

 

これらに関する重要な建設工事に配置される監理技術者や主任技術者は、

 

工事現場ごとに専任の者を配置しなければなりません。

 

 

重要な建設工事とは、工事1件の請負代金の額が3,500万円(建築一式は7,000万円)以上の工事をいいます。

 

 

注文者が材料を提供し、請負代金の額に材料の価格が含まれない場合は、

 

それらの価格を加えた額で判断しますので注意が必要です。

 


いつもご覧いただき有難うございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------

建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 18:13 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:13 | - | - |