工事現場に技術者を専任で設置すべき期間とは
個人住宅以外の工事では、工事一件の請負金額が2,500万円(建築一式工事の場合は5,000万円)以上のものについては、工事現場ごとに専任の監理技術者又は主任技術者を配置しなければなりません。

元請工事については、原則、契約した工期が、専任で設置すべき期間とされます。

ただし、工事現場が稼動していないことが明確な期間、工場製作のみが稼動している期間、工事を一時中止している期間等は必ずしも専任を要しません。

注意すべきなのは次のような場合です。
ex)工事が二次下請されている場合
一次下請業者は、自らが直接施工する工事がない場合であっても、二次下請業者の施工期間中は、主任技術者を専任で配置しなければなりません。


いつもご覧いただきありがとうございます!/行政書士 平賀 猛


建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 

| 中央行政事務所 | 技術者 | 18:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:50 | - | - |









http://chuogyosei.jugem.jp/trackback/74