指名停止措置は監督処分にあたる?

おはようございます。行政書士の平賀猛です。

 

今週は、梅雨に逆戻りしたような天気が続いています。

 

今月もあと少し、事務所メンバー共々走り回っていますゆう★

 

来月も引き続き繁忙期は続きますぴのこ:)

 


-----------------------------------------------------------
    ≪ 指名停止措置は監督処分にあたる? 
-----------------------------------------------------------

 

 

経審の評点改正が近々行われそうです。

 

その1つがW点。

 

私も以前から疑問に感じていたのですが、最低点0であったのが、マイナス点となりそうです。

 

 

さて、先日お受けしたご質問です。

 

「指名停止措置」は監督処分にあたるのでしょうか?

 

建設業法等の法令に違反すると、監督処分の対象となります。

 

監督処分は、指示処分、営業停止処分、許可取消処分の3種類です。

 

指名停止措置は、省庁や役所等が入札参加資格のある建設業者に対して、一定期間、発注する建設工事の競争入札に参加させないとするものです。

 

これは、各役所等が行う行政上の措置であるため、建設業法の監督処分にはあたりません。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
施工体制台帳とは

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

梅雨明けしましたね〜

もっと前から明けてるのでは...とも思いましたが。

 

近年は、気象状況が少し変わってきている感じがしますね。

 


-----------------------------------------------------------
       ≪ 施工体制台帳とは 
-----------------------------------------------------------

 

 

国土交通省が、許可や経審の電子化を検討するそうです。

以前から言われてはいましたが、数年後にはそうなっているのでしょうか。

 

 

さて、施工体制台帳について、これは元請業者さんからの相談になりますが、たまにいただきますので簡単にまとめてみます。

 

 

■施工体制台帳の目的

○ 元請業者に現場の施工体制を把握させる

・ 品質、工程、安全等施工上のトラブルの発生を防止

・ 不良不適格業者の参入、建設業法違反、一括下請負を防止

・ 安易な重層下請を防止 等

 

 

■施工体制台帳の作成義務

○ 元請業者が締結した下請契約の請負代金の総額が4,000万円(建築一式工事6,000万円)以上となる場合

○ 平成27年4月以降に公共工事を受注した建設業者が下請契約を締結する場合

 

 

■主な記載内容

工事を請負うすべての業者名、各業者の施工範囲、工期、各業者の技術者氏名等

 

 

■提出等

○ 請負った建設工事の目的物を発注者に引き渡すまでの期間、工事現場ごとに備え置く

○ 工事完了後は5年間保存

○ 公共工事は、写しを提出

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | その他 | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
施工管理技士とは

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

毎年のことですが7月は過ぎるのが早い...

 

3月決算の決算年度報告期限は、あと2週間ちょっとです...

 


-----------------------------------------------------------
       ≪ 施工管理技士とは 
-----------------------------------------------------------

 

 

建設業法第27条に基づく国家資格で、一定水準以上の施工技術を有することを公的に認定された称号です。

 

建設機械施工、土木施工管理、建築施工管理、電気工事施工管理、管工事施工管理、造園施工管理の6種目、1級及び2級に区分されています。

 

近いうちに種目が増えるかもしれませんね。

 

 

◆1級技術検定の受検資格

 

‖臑粥高度専門士

・指定学科は卒業後3年以上の実務経験(うち1年以上は指導監督的実務経験が必要)

・指定学科以外は卒業後4年6月以上の実務経験(うち1年以上は指導監督的実務経験が必要)

 

短大・高専・専門士

・指定学科は卒業後5年以上の実務経験(うち1年以上は指導監督的実務経験が必要)

・指定学科以外は卒業後7年6月以上の実務経験(うち1年以上は指導監督的実務経験が必要)

 

9盥察専門学校

・指定学科は卒業後8年以上の実務経験(うち1年以上は指導監督的実務経験が必要)

・指定学科以外は卒業後11年6月以上の実務経験(うち1年以上は指導監督的実務経験が必要)

※2高等学校指定学科卒業者で、5年以上の実務経験を積んだ後、専任の監理技術者の設置が必要な工事において当該監理技術者による指導を受けた実務経験が2年以上ある者については、2年の実務経験年数の短縮を行う。

 

っ羈惺

・卒業後15年以上の実務経験(うち1年以上は指導監督的実務経験が必要)

 

2級技術検定合格者

・2級合格後3年以上の実務経験(うち1年以上は指導監督的実務経験が必要)

※2級合格者で、2級合格後、専任の監理技術者の設置が必要な工事において当該監理技術者による指導を受けた実務経験が2年以上ある者については、2年の実務経験年数の短縮を行う。

 

 

※高等学校又は中等教育学校卒業者、2級技術検定合格者及びその他の者の受検要件により1級を受検する者については、指導監督的実務として専任の主任技術者としての実務経験を1年以上を有している者にあっては2年の実務経験年数の短縮を行う。

 

実務経験の短縮要件が細かいので要確認ですね。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 技術者 | 19:27 | comments(0) | trackbacks(0) |