電気通信工事に係る施工管理技術検定

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

中央行政では、今期から残業を極力減らす試みをしています。

 

先月下旬から業務量が徐々に増えていますが、何とか維持できるように(目標の時間に退所できるように)頑張ります!

 


-----------------------------------------------------------
     ≪ 電気通信工事に係る施工管理技術検定
-----------------------------------------------------------

 

 

2月から開催されていた電気通信工事業の施工管理技術検定について

検討結果がとりまとめられました。

 

受験資格として、電気通信主任技術者(交付後の実務経験要)の資格が検討されています。

 

詳細は コチラ をご覧ください。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 技術者 | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
配置技術者について…

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

電車内では、電車の案内や路線図をよく見ます。

すると、下りたことのある駅が意外にあることに気づきます。

 

銀座線、日比谷線、半蔵門線は制覇していますし、

山手線、総武線、新宿線、浅草線等は残り1駅です。

 

ちなみに、山手線は駒込駅だけまだ下りたことがありません。

 


-----------------------------------------------------------
       ≪  配置技術者について…  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

国土交通省が、主任技術者の配置義務緩和を検討しているようです。

 

専門工事業種単位で配置すれば、下位の業者は配置しなくてもよくなるかもしれない・・・

 

主任技術者や監理技術者の配置で悩んでいるところは少なくないと思いますので、適正な施工ができる範囲で緩和されるのは良いことだと考えます。

 

最近は大きな改正(緩和)の動きが多いですね。

人材の問題が大きいなと感じます。

 

 

配置技術者とは・・・

 

建設業者は、その許可を得た建設工事の施工にあっては、請負ったすべての工事現場に主任技術者または監理技術者を置いて施工の技術上の管理を行う必要があります。

 

これは元請、下請、請負代金の額に関わらず配置しなければなりません。

 

また、工事1件の請負代金が3,500万円(建築一式は7,000万円)以上の工事は現場ごとに専任で配置する必要があります。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 技術者 | 14:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
公共性のある施設、多数の者が利用する施設…

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

大手建設会社では、3年連続で常時従業員が増加、

そして、全国の建設会社の受注高は3年連続増加だそうです。

 

3年連続の増加ってすごいですね。

明るいニュースはいいものです^^

 


-----------------------------------------------------------
   ≪ 公共性のある施設、多数の者が利用する施設… ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

今週いただいたご相談です。

 

公共性のある施設若しくは工作物又は多数の者が利用する施設若しくは工作物に関する工事で、重要な建設工事に配置される監理技術者等は、工事現場ごとに専任の者でならない

・・・とあるので、民間工事は、これに当たらないんですよね?

 

 

■ 公共性のある施設若しくは工作物又は多数の者が利用する施設若しくは工作物とは…

々顱地方公共団体等が発注者である施設又は工作物
鉄道、道路、ダム、上下水道、電気事業用・ガス事業用等の施設又は工作物
3惺察∋務所、百貨店、工場、病院、共同住宅等のように多数の人が利用する施設又は工作物

 

・・・これらはあくまで例示であり、通常は、戸建ての個人住宅を除くほとんどの工事が該当すると考えられています。

 

 

■ 重要な建設工事とは…

工事1件の請負代金の額が3,500万円(建築一式工事の場合は7,000万円)以上の工事です。

 

 

 

上記に該当する工事については、工事現場ごとに専任で監理技術者等を置く必要があります。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) |