建設業者と警備業者との取引実態調査

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

今月は、許可申請の多かった月でしたが、

来月は、今のところ、お打合せの多い月となりそうです。

 

ちなみに7月は、書類作成、打合せ、申請とすべてが多い月となります。

 


-----------------------------------------------------------
   ≪ 建設業者と警備業者との取引実態調査 ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

建設業者と警備業者との取引実態調査の結果が公表されました。

 

■取引において問題となり得る行為の状況

最も多かったのが、不当な給付内容の変更です。

発注がキャンセルされたが、人材確保等に要した費用が支払われなかった。追加変更等の契約を行っていない等です。

 

■警備料金の決定方法

警備業者の契約交渉の相手方は、約4割が現場監督でした。

見積書は9割以上の取引先に提出して契約しています。

 

■契約内容

警備業者は、約6割の取引先との間で、警備業務を行う日を発注者の指定する日としています。

警備業者は、約6割の取引先との間において、警備計画の確定時期を「前日まで」又は「定めていない」としています(建設業者は、約6割の取引先との間)

 

調査結果を踏まえ、国土交通省では、警備業における適正取引を推進する取組について

 

警備業者と建設業者が契約内容を明確化し、取引上の課題を解決するため、(一社)全国警備業協会において見積関係書類記載例を作成しています。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------

建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
電気工事業法でいう電気工事とは?

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

オリンピックの申込み期限が迫っていますが、何もしていません。

 

というのも、7/末から8月は、1年でも1,2を争う繁忙期なためです。

 

観戦することができるのかなぁ...と考えています。

 


-----------------------------------------------------------
   ≪ 電気工事業法でいう電気工事とは? ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

電気工事業法でいう電気工事とは、一般用電気工作物または自家用電気工作物を設置し、又は変更する工事をいいます。

 

ただし、政令で定める軽微な工事や家庭用電気機械器具の販売に付随して行う工事は除くと規定されています。

 

 

政令で定める軽微な工事とは具体的にどのような工事なのでしょうか。

 

電圧600V以下で使用する差込み接続器、ねじ込み接続器、ソケット、ローゼットその他の接続器又は電圧600V以下で使用するナイフスイッチ、カットアウトスイッチ、スナップスイッチその他の開閉器にコード又はキャブタイヤケーブルを接続する工事

 

 電圧600V以下で使用する電気機器(配線器具を除く。以下同じ。)又は電圧600V以下で使用する蓄電池の端子に電線(コード、キャブタイヤケーブル及びケーブルを含む。以下同じ。)をねじ止めする工事

 

電圧600V以下で使用する電力量計若しくは電流制限器又はヒューズを取り付け、又は取り外す工事

 

 電鈴、インターホーン、火災感知器、豆電球その他これらに類する施設に使用する小型変圧器(二次電圧が36V以下のものに限る。)の二次側の配線工事

 

 電線を支持する柱、腕木その他これらに類する工作物を設置し、又は変更する工事

 

 地中電線用の暗渠又は管を設置し、又は変更する工事

 

上記の工事は、電気工事士法、電気工事業法に規定する電気工事には該当しません。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------

建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業関連法 | 18:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
解体工事業許可の期限が迫っています

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

例年、余裕のある5月ですが、今年は非常にご相談件数が多く、回答が遅れております。申し訳ございません。

 

出来る限り早く対応いたします。

 


-----------------------------------------------------------
  ≪ 解体工事業許可の期限が迫っています ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

現在、解体工事業許可申請の駆け込みが急増しているようです。

 

うちの事務所でも今月だけで数社申請しています。

 

 

※平成28年6月1日時点で、「とび・土工工事業」の許可を受けており、解体工事業を営んでいる場合は、

 

令和元年5月31日までの間に限り、解体工事業の許可を受けずとも事業を営むことができます。

 

 

昨年度末までに、43,186業者が解体工事業許可を受けているそうです。

 

当然ながら、もっと増えますね。

 

中央行政では、来週末までに書類が揃っていれば、許可申請を受けつけています。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------

建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業許可 | 16:52 | comments(0) | trackbacks(0) |