許可更新と同時に業種追加申請も…

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

最近のバタバタで、デスク上が散らかっており、

整理しないとと考えています。

 

何かの本で読んだのですが、周りをきれいにしておくと、

良い案が浮かぶようになるらしいです。

 

マメに整理しておきたいですね(;^_^A

 


-----------------------------------------------------------
     ≪ 許可更新と同時に業種追加申請も… 
-----------------------------------------------------------

 

 

建設業許可申請は、5年に一度、許可の更新申請をする必要があります。

 

5年に一度は、各種証明書などを準備するということですね(-_-;)

 

 

業種追加申請を考えている場合は、更新申請と一緒にした方が、重複書類を省略できることがあります。

 

中央行政のお客様でも、現在、更新+追加を申請中のところがあります。

 

 

許可更新申請の手続きは(すべての都道府県を把握しているわけではありませんが)、有効期間が満了する30日前までとしているところが殆どだと思います。

 

よって、それまでに許可更新+業種追加申請をしておけばいいだろう...

 

...と考えていると、

 

間に合わない可能性があります。

 

 

理由は、審査庁によって、その受付期間が更新のみの場合と異なってくるためです。

 

関東地方を例にすると、

 

・関東地方整備局…有効期間が満了する日の6か月前までに申請。

・茨城県…有効期間が満了する日の30日前までに申請。

・栃木県…有効期間が満了する日の1か月半以上前までに申請。

・群馬県…有効期間が満了する日の2か月以上前までに申請。

・埼玉県…有効期間が満了する日の30日前までに申請。

・千葉県…有効期間が満了する日の60日前までに申請。

・東京都…有効期間が満了する日の30日前までに申請。

・神奈川県…有効期間が満了する日の3か月前までに申請。

 

 

茨城県、埼玉県、東京都以外は注意が必要です。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業許可 | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
一式工事の中に含まれている専門工事の施工

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

毎年、9月中旬までは繁忙期であるため、特別珍しいことではないのですが、今年の9月は特に外勤、外勤...で事務所滞在時間が非常に少ない状態です。

 

おまけに先週は、PCの動きが低調で、週末には、結局、プツッという音ともに止まってしまい、今週もバタバタしてます💦

 

申請書の作成業務には、全く支障は無いのですが、コンサル業務全般に遅れが出ております。

ご迷惑をお掛けしております。

 

ただ、データの復旧作業も昨日完了し、明日には新PCが届く予定となっていますので、来週から本作業ができる予定です。

 

ブログも一週お休みしたのは初めてかもしれません。

今回は、何とか仮PCからアップします。

 


-----------------------------------------------------------
  ≪ 一式工事の中に含まれている専門工事の施工 
-----------------------------------------------------------

 

 

専門工事を請け負う場合は、当然ながら軽微な工事を除き、許可が必要です。

 

では、一式工事の中に、専門工事が含まれている場合、その専門工事についても許可が必要なのでしょうか。

 

 

・・・答えは、許可が無くても大丈夫です。

 

 

実際、どのような方法を執るかというと、

 

次の3択です。

 

 

A)一式工事の監理技術者等が専門工事の主任技術者資格を保有している場合は、兼任する。

 

B)専門工事の主任技術者資格保有者を専門技術者として配置する。

 

C)専門工事の許可保有業者に下請負させる。

 

 

当該専門工事が、軽微な建設工事である場合、これらの義務はありません。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
下請も監督処分の対象?

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

明日から9月です。

今日はすでに秋のような涼しい東京です。

 

今年はほんとに雨の多い8月でしたね雨

 


-----------------------------------------------------------
        ≪ 下請も監督処分の対象? 
-----------------------------------------------------------

 

 

国土交通省は、建設産業での女性入職・定着に関する窓口を設置しています。

 

詳しくは、こちらのポータルサイトをご覧ください。

 

 

さて、先日お受けしたご質問です。

 

下請である当社は許可があるのですが、元請業者が許可を保有していません。

500万円以上の工事契約しても問題ないですか?

また、問題があったとしても下請業者であれば大丈夫ですか?

 

 

率直に「問題ありあり」です。

 

監督処分の対象は、元請に限ったものではありません。

下請も当然ながら対象となります。

 

よって、元請業者だけでなく下請業者も、工事契約前に、許可情報等を確認しておく必要があります。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 建設業法 | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) |