建設工事を請負っている企業である

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

先週、住友林業と熊谷組が業務・資本提携を発表しましたが、

住宅メーカーと建設会社との提携が目立つなと感じます。

 

住宅メーカーから見ると、大規模建築へ参入することになるのでしょうか。

既に、最大手の積水ハウスや大和ハウスなどは参入していますからね。

 


-----------------------------------------------------------
       ≪  建設工事を請負っている企業である  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

今回、表題にした「建設工事を請負っている・・・」は、

 

建設業許可を保有しているにもかかわらず、「うちは建設会社ではないから建設業法はわからない」という発言をたまに耳にするためです。

 

もちろん、建設業をメインとしている会社ではないので、

「建設会社」とまで考える必要はありませんが、

 

「建設工事を請負っている企業」であるという認識は欲しいところです。

 

この認識が薄い企業は、建設業法を軽く考えているなと感じることが多いですね。

 

 

建設業許可は、さまざまな業種の企業が保有していますので、

建設業メインではないから...は通じないと考えるべきです。

 

ちなみに、建設業許可は、建設業がメインではない次のような企業も取得しています。

 

ソニー、三井不動産、日産自動車、三菱商事、NTTドコモ、三越伊勢丹、ダイキン工業、セコム、三菱マテリアル、東京急行電鉄、凸版印刷、神戸製鋼所、三井造船、TOTO、内田洋行、シーメンス、日本ヒューレット・パッカードなど。

 

グループ会社まで入れるとさらに多くの業種の企業が保有しています。

 

 

建設工事の請負企業として、あらためて建設業法を見直しておきましょう。

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | その他 | 19:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
建設業法施行令(技術検定)の一部改正

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

通勤時の電車内から見ると、乗降客に見合わない狭い駅ホームがあります。

 

階段やエスカレーターに行列ができているのはなんとも...

 

ホームの拡張も難しいでしょうからね...

 

外国観光客も増えていますので、何とかならないのかなと考えることがあります。

 


-----------------------------------------------------------
     ≪  建設業法施行令(技術検定)の一部改正  ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

改正の概要です。

 

(1)電気通信工事施工管理に係る技術検定の新設

 

検討されていた電気通信工事の施工管理技士が新設されることになりました。

初年度の試験は、平成30年以降となります。

電気通信主任技術者の有資格者は、受験資格が緩和される見込です。

 

 

 

2)2級建築施工管理に係る学科試験の種別廃止

 

平成30年度より「建築」「躯体」「仕上げ」の種別を廃止した共通試験となります。

これは、学科試験を共通とするもので、実地試験は従来の種別ごとに行います。

 

 

いずれも施行日は、平成29年11月10日です。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | 技術者 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
毎年11月は建設業取引適正化推進月間です。

こんにちは、行政書士の平賀猛です。

 

11月になりました。

この時期になると、ルレクチェが食べたくなります。

 

ラフランスも好きですが、それ以上に美味しい^^

知名度は低いですが、産地の新潟では有名なフルーツです。

 


-----------------------------------------------------------
  ≪ 毎年11月は建設業取引適正化推進月間です。 ≫
-----------------------------------------------------------

 

 

国土交通省が公表している大手建設会社の受注動態統計を見ると、

 

今年度上半期で、国内工事は前年▲4.5%ですが、海外工事は229.7%と大きく増えています。

 

大手会社の海外志向が目立った上半期といえそうです。

 

 

さて、毎年11月は、建設業取引適正化推進月間です。

 

国土交通省および都道府県は、建設業の取組適正化に関して、集中的に法令遵守の活動を行います。

 

関東地方整備局では、「建設業取引適正化等に関する講習会」を開催しますので、ご興味のある方はコチラを参照ください。

 

 

また、この月間では、定期の立入検査に加え、各許可行政庁が連携しての立入調査、指導等が行われ、

 

社会保険等の加入状況、法定福利費を内訳明示した見積書の活用状況、安全衛生経費の負担状況の確認等も併せて実施されます。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます! / 行政書士 平賀  猛
----------------------------------------------------------
建設業許可・経審&入札・建設関連許認可は
建設業専門!中央行政事務所 
http://www.chuogyosei.com/
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

| 中央行政事務所 | その他 | 13:35 | comments(0) | trackbacks(0) |